巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

2days木祖村2日目

5月26日(日)

 

2日目の朝、空は澄み渡っていて青く、気温は高め。

 

早朝に開催されている「残念レース」を観戦。

昨日のレースで2日目に進めなかった選手たちが出走し、インターハイの長野県予選を兼ねている。

チーム員3人が完走した。

 

 

今日のレースは12時スタートの126kmのロードレース。

ローリングスタートの後にリアルスタート。

自転車に乗り始めれば腰の痛みはすっかり忘れ(アドレナリン?)

最初の登りが終わった時点ですでに逃げグループができている模様。

チームからはBossが乗った。

 

よって集団待機。

宇都宮ブリッツェンの城田選手が追走を試みてアタックしまくっているところを総合リーダーを守りたいイナーメが徹底マーク。

それを後ろからついていくのだけど、インターバルがかかるのでジワジワと昨日の攣った脚へダメージが蓄積されていく。

f:id:ban_o-vest:20130607224141j:plain

↑登りは余裕がないので前の方でマイペースを心がけていた。

 

必ず総合が決まる動きがあるので、その時を待ってひたすら脚を温存するのみだったけど確実に脚は削れていき、いつ脚が攣ってもおかしくない状態に。

まだ半分くらい距離があるのに、、、

 

そして木祖村恒例(?)の雨が降ってきて30℃近くあった気温は一気に15℃以下にまで急降下・・・!!

と、同時に70km時点の登りで右ハムストリングとふくらはぎが痙攣して完全にストップ。5分以上動けなくなって、再スタートしたけど戦意喪失。

しかも一気に体が冷えてしまい、自転車を降りた後は寒さで震えが止まらず。

 

サポートの方々が迅速に用意してくれた毛布に包まりながら車の中からレースを観戦。

悔しいというか、サポートの人たちの頑張りに応えられなくて申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

2日目ロードレースの優勝者は宇都宮ブリッツェンの城田選手。

総合優勝は日本体育大学の倉林選手。

そして、オーバー40賞(オヤジ賞)はBossが獲得!(まったく自分は貢献してないけど)

 

プロ選手と大学生との差は歴然としたもので、脚が攣ってしまうのは弱い証拠。気温の変化に対応できなかったのも弱いってこと。

でも、レース前に何度もポジションをいじったので脚を攣った原因の一つ?

まぁ、いずれにせよ今後の課題なので次のレースに向けて改善するしかない。

 

f:id:ban_o-vest:20130607224518j:plain

↑今年のメンバー。

 

出場した選手の皆さん、お疲れ様でした。サポートをしてくれた皆さん、ありがとうございました。