巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

JBCF石川 E1

本日は福島県石川町にて実業団レースに参加してきました。

4kmの緩い登りを含めた13.6kmの周回コース×5周+パレード走行含む7kmの75.0km

Boss、キャプテン、ナベさん、スーさん、自分の5人で参戦。

 

 

パレード走行の後、最初の登りでキャップがファーストアタック。

キャップのこのアタックが象徴するようにオーベストのスタイルは常に攻め続けること。

レース序盤、Bossから助言でハイペースを維持して集団を休ませないことでチャンスが生まれると。

Bossが実業団レース復帰したことでチームに与える影響は大きなもので常にオーベストは前々で展開しハイペースを維持した。

Bossは常に攻め続けていて、スーさんは終盤の一番辛い局面で前で動き続けて自分にはできなかった仕事をした。

 

そしてナベさんは何回も逃げに乗り、ラスト一周でアクアタマの若松選手と抜け出し競り勝って優勝。

自分も何回か抜け出したりしたけど、あまり意味のない動きでナベさんの優勝への貢献度からしたら0に近かかった。

集団の後ろに下がり過ぎたり、登りで中切れおこしたり、下りで脚を止めたり、、、と反省点はたくさん。

Bossから何回も激飛ばされたり。。

結局、最後の登りの途中で完全に脚が攣ってレースは終了。

 

でもチームメイトの優勝ですべてが救われた。

集団内で脚をためて最後だけ上げてゴールスプリントする勝利ではなく、逃げて勝った価値ある勝利。

 

自分も頑張らないと!

 

リザルト↓

http://www.jbcf.jp/race/2013/sokuho/0714isikawa.pdf