巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

大磯クリテリウム

会場まで自走。
片道60kmでゆるゆる走って2時間半くらい。
近いなぁ。

大磯クリテリウムは近場で開催されるレースなのに今回が初めての参加。
バックストレートは微妙に登って今日は向かい風。

久しぶりのレース会場の雰囲気に飲まれて最初は少し緊張してしまった。
スタートの時間まで他のカテゴリーの観戦をしたりアップしたり。
今日はチームメイトのサトーさん家族、ヨコツカくん、マキちゃんが応援に来てくれてとても嬉しい。
あとは競輪選手を目指しているガチなアベちゃんにも久しぶりに話せてリラックスできた。
(彼はエキスパートクラスで優勝しました。)

そんなこんなでスタートの時間。
ゆっくりスタートしたらローリングであっという間に最後尾近くに。
道幅広いから焦らないけど。

3、4周くらいで集団前方に上がってから飛び出したり。しかしまだ皆元気なうちは決まりづらく、決まりかけても吸収されるを二、三回繰り返したような。
後ろに下がり過ぎているときにホンダのカワダくん含む三人逃げができた。やっちまった。
その後一人脱落して、他の選手が一人ブリッジして三人逃げのまま10秒前後を推移。

後ろの集団はイマダさんが追走の統率を図るもローテが回らず。
自分も追走のために前を牽いても誰かが蓋をして10秒前後の差が縮まらない。
f:id:ban_o-vest:20150215205743j:plain
今田さんはほとんど前にいて誰よりも前を牽いていました。それでもローテは回らず。
(ところで自分はどうして後ろを振り向いているのでしょう…?)

このまま金魚のフン状態では不完全燃焼なので残り4周を過ぎたところで単独ブリッジを試みました。
しかし向かい風のバックストレートで進まずタレました。
三人逃げに単独追走は厳しい。たった10秒の差なのに。
後ろから来たSEKIYAの選手にもつけず、彼も逃げには届かず。
集団も追いつけず逃げ切られておしまい。
自分はスプリントする脚なし。完敗!
優勝はカワダくん。彼はスピードが違いました。

四ヶ月ぶりのレースだったのですが、平坦スピード、コーナー抜けてからのダッシュに思ったより対応できたのはまずまず。
同時に足りない部分もたくさん見えたのでこれから。相変わらず無駄な動きが多かったので直します。

あとは落車しなくてよかった。
京都産業大の選手がクラッシュしたのを見た時にはゾッとしたけど・・・
宇都宮クリテは大集団だから今日より神経使って集中して回避しないとね。