読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

マーグン遠征①林道未舗装雪道シクロ練編113km

2/11(土)

f:id:ban_o-vest:20170211212216j:plain
メンバー↑こちらの3人

いつも同じコースなので今日は開拓しておきたい。
で、普通に走ってもつまらないので今日はケイデンス高めで。
そもそもスタート時の気温が-4℃。
冷凍庫かよ。
まず体を温めないといけません。

最初の溝呂木の13分坂ではウォーミングアップ。最後はインナーロウスプリントで。

せっかく赤城山が近いので登ってみることに。
直登がじわじわ削ってくる。脚も心も。
そしてお二人とも強いから気を抜くと千切れるという我慢パターン。軽く死ねます。
雪深くなってきたところでUターン(ホッ…)
クルクルとしながらもペダルにかかるように回すのでワットは出るし心拍は上がるしでなかなかキツかった。

いつもの道に戻り、いつものセブンに到着すると新規開拓先をリサーチ。
近くに良さげな林道発見。行ってみようと提案。
車も少なく程よいアップダウン。
漂うアドベンチャーの予感。

で、しばらく進むと・・・
f:id:ban_o-vest:20170211213359j:plain
やっぱり雪があるのね。
でも地元のおじちゃんが雪があるのここだけだよ。と言うものだから引き返さず。

地図をみたところ、いつも行く草木ダムにつづくみたいだし。

で、またしばらく進むと・・・
f:id:ban_o-vest:20170211213605j:plain
未舗装路。
これは想定内。

f:id:ban_o-vest:20170211213656j:plain
時おり雪道が出現し、

f:id:ban_o-vest:20170211213810j:plain
こうなります。
おじちゃんウソつき。
引き返すという大人な判断を敢えてしない大人たち。

ちなみに私は自転車から降りずにバランストレーニング。
体幹を駆使しひたすらペダルを回す。
気づくと後ろ二人は見えず。

f:id:ban_o-vest:20170211214025j:plain
山の中という非現実と帰れないかもしれない不安感。
なぜか気分が高揚しテンションが上がっていました。少なくとも私はこの非日常で過酷な状況が楽しかった。

結局、10km以上の砂利道が続き。
疲労感と軽い絶望感が漂ったところで舗装路へ。この安堵感、たまりまへんなあ。
とりあえず生還。
良い体幹トレーニングになりました。
もう二度と行かねー。

とりあえずいつものセーブオンでガッツリ補給。
そしていつもの爆風。
今日はいつにも増して北風君がハッスルしていらっしゃる。

昨日降ったと思われる残雪に注意して進み、何もない渇いた路面の左カーブで忍さん落車。
STIレバーがご臨終……。
でも自走できる状態なので先頭はトージョーくんと二人で回してマッタリ帰ることに。
と言っても向かい風なので結局強度高めになってしまいヘトヘト。

なんとかゴール。
f:id:ban_o-vest:20170211225646j:plain
あーあ。これは痛い。
お大事にしてください。

獲得標高2300m。
トージョー君のTSS(トレーニングストレススコア)は300を記録したらしい。
確かにあの砂利の峠道10kmはストレスマックスでしょう。

f:id:ban_o-vest:20170211225315j:plain
使用後。疲労困憊の図。
何だかんだ楽しかった私は少しニヤついてます。キモイですねー。
皆さんお疲れさまでした。

今日は28000歩(パーソナルベスト更新)