巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

群馬遠征。妙義山、軽井沢、富岡製糸場131km

今年何回目の群馬でしょう。

f:id:ban_o-vest:20170219211805j:plain
いつもの3人で。

コースは先週、トージョー君と行った道をトレース。
一度走った道なので迷わずにスイスイと。
実際は強風により苦行の行進。

塩沢峠へのアプローチで先週よりも早い段階でアイスバーンが出現。
大人な判断で引き返し。
前日に雪がモサモサ降っていたという情報が入っていたので、こんなこともあろうかとBプランを考えてたから無問題。

進路変更により妙義山へ。
方角的には北上する。そうです、向かい風です。
妙義山への登坂が始まってしばらくすると……

f:id:ban_o-vest:20170219211920j:plain
出ました。白い悪魔

自転車から下りずになんとか渡りきって後ろを確認したら……

f:id:ban_o-vest:20170219212838j:plain
ステーーーンッッ!!
(これテイク4です)

こんなミニイベントが発生しながらも妙義山が一望できる道の駅で休憩。

f:id:ban_o-vest:20170219213109j:plain
花粉を感じるので終始こんな格好です。

さらに北上して軽井沢方面へ。
その前に碓氷峠というラスボスを倒さないといけません。
碓氷峠の旧道は10年前にマウンテンバイクで登ったことがあって、その時を思い出しました。
当時と比べて2倍近い速度で登っていると忍さんと二人に。

あまりにも長い峠であるのと、時おり出現するアイスバーンで仕掛けることなく坦々と。
向かい風がさらに脚を削る。


f:id:ban_o-vest:20170219214732j:plain
同着で頂上へ。

f:id:ban_o-vest:20170219214804j:plain
長野県へ。
そして2月の軽井沢は寒すぎ。
顔が痛い。

軽井沢でお昼を済ませた後にダウンヒルへ。これが自転車やってきた10年の中で一番寒かった。
手の感覚がなくなってブレーキを握る力が充分でなくて何度かカーブでオーバーラン
いつも以上に慎重に下って下界へ。
めっちゃくちゃ寒かった。

ここから追い風天国で気持ちよく巡航。
時間に余裕が生まれて、せっかくなので近くの世界遺産である富岡製糸場へ。
とりあえず外観だけ拝んでおいた。
f:id:ban_o-vest:20170219215220j:plain
中に入るには小綺麗な格好して観光気分で来たい。トレーニングのオフにまた今度ですな。

ゴールまでほとんど風に恵まれながら終盤で向かい風、横風で脚にとどめを刺されてライド終了。
結局、スッカスカになりました。
出しきった。

f:id:ban_o-vest:20170219215815j:plain
使用後。

疲れが溜まっているので、来週平日は禁インターバルを予定(できるかな…)
休むのもトレーニングのうちです。

本日は27700歩