巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

JCRC群馬EDクラス SAクラス

県選手権の練習レースとして距離を乗るべくダブルエントリー。

朝6時に忍さん家から出発。
7時過ぎに群馬に到着。近くていいね。

事前情報によると、ついこの間まで雪で埋もれていた群馬CSC
試走してみると脇に残った雪から水が流れてヘアピンカーブやらこのコースで注意するべきポイントが濡れている。
久しぶりのレースで少し不安だが慣れるしかない。

とりあえず2周試走でアップ。
調子はここ最近ではかなり良い感じ。
しっかり調整してよかった。


8:45レーススタート。
ローリングからやけに速く感じる。
序盤から単発な飛び出しがあるものの決定打にならない動き。
少しヤバイかな?という飛び出しにはブリッジをかけるも追いついてみると決まりそうにないローテだったり。

何周か走っていると大体脚がある選手がわかってくる。
VCフクオカのミノハラ君がやはり実力的にもひとつ抜け出している感じ。
彼はJPTの選手だしE1時代からの知り合いなので脚質はよく知っている。

とにかく彼をマークしつつも逃げを狙うべくチャンスを伺う。
集団も次第に減っていき、ほぼ順調にレースを消化していた。
ラスト4周あたりの心臓破りの坂でミノハラ君がアタック。
これは決まると直感的にブリッジ。決まりかけたが決まらず。ただし集団の様子を見るとローテをパスする人がいたり前に付けない人がいたりとかなりダメージを与えた様子。

これは次のアタックで飛び出しても集団は機能せずに決まる可能性が非常に高いので集団がさらに疲弊するのを待つ。
自分はあと2~3回は全開で仕掛けられる感じだったのでチャンスを待っていた。
とにかく冷静に冷静に勝負が決まる登りに備えていたら……

10周目のヘアピンカーブで後輪スリップ。制御不能。
これ曲がりきれないやつだとすぐにわかった。
ということでガードレールに身を委ねる作戦でできるだけ減速して横に体を預けるように衝突!
なんとか地面に叩きつけられずに停止。
しかしハンドルが盛大に曲がり、直しているうちに集団が過ぎ去ってしまってレース終了。

あああ待ってー。。
奇跡的にジャージが少し破れたのと小さいかすり傷で済み、機材はノーダメージ。
転び方はあまり鈍っていなかったようです。。

午後のレースが控えているのでゴール地点までゆっくり帰還。
f:id:ban_o-vest:20170416213757j:plain
すぐさまハンドルを真っ直ぐにして、、

逃げが決まったレースでミノハラ君が優勝したのを見届けて消化不良な思いを噛み締めて午後のSAクラスに気持ちを切り替え。
ダブルエントリーしてよかった。


練習仲間のレースを観戦していたら、
f:id:ban_o-vest:20170416214542j:plain
Cクラスでモトキングが優勝!
ゴキソ効果?いやいや実力の勝利。
ストラバでちゃんと練習していたのがわかっちゃうからね。

久々に会う知り合いたちに挨拶しつつも次のレースのために回復に専念。

もえマグロが格の違いを見せつけ独走優勝。
足指骨折してダンシングできないのにスゴすぎ。
仲間たちの勝利、好成績で気持ちをもう一度奮い立たせてレースモードに切り替え。

SAクラスは柏崎練習仲間のアンディ、ダーヤマ、トージョーの3人がいて心強い。
出走者もEDクラスより少ないし優しめ。
最低限しっかりレースすること。あわよくば逃げ切ってスプリント。もしくは小集団に絞ってスプリント。最悪集団ゴールスプリント。

新潟県選手権を見据えてレース強度100km越えてからのスプリント練習はここでしかできないので何がなんでもスプリントで締めることは絶対。
なんて走る前は何パターンもカードを切ることを想定していたが・・・

13時スタート。
脚が激重い。何これ午前中と全然違うんですけど・・・。
これはエンデューロ系レースで交代した後にしばらく休んで2回目の出走で脚が重く感じるそれと同じ現象。
一気に想定していたカードが減った、、



f:id:ban_o-vest:20170416222136j:plain



f:id:ban_o-vest:20170416222244j:plain


アンディ、ダーヤマが序盤から抜け出しを狙い、トージョー君が積極的に前で展開している少し後ろでとにかく最初は耐える。
脚が軽くなるのを待ちながら。
ただ、午前のEDクラスよりは集団のスピードが遅く感じる。何とかなりそうかも。

ダブルエントリー組は自分となるしまのタナカさんだけ。
タナカさんは序盤からいなくなってしまった・・・。
2周目に10人ちょっとに絞られた集団からダーヤマが飛び出し。
追う集団。後ろで悶絶する自分。

ダーヤマが捕まって集団が一瞬落ち着いた瞬間にアンディさんがカウンター気味に飛び出した。これは絶妙なタイミング。
アンディさんが逃げたなら前引かなくていいし、なんて弱い考えが頭をよぎった時点で選手失格なんだろうな。

ブリッジしたい!でもできない。
なぜならすでに脚がもうほとんどないから。。
ダブルエントリーしたことを軽く後悔しつつ、JBCFと比べたら遅い展開に助けられ何とか集団に食らい付く。
たまにアンディさんにジョインしようとする動きをチェック。他力本願で追いつく作戦は結果的にアタック潰しに。

ダーヤマの下りが遅すぎて千切れたと思って心配になっているといつの間にか追い付いてきて先頭に上がって引き倒すことが何回か。
キ、キツい・・・(死)

周回数がわからなくなってトージョー君にあと何周か確認したら3周と答えが。
17回も心臓破りの坂を登るとさすがに脚が痙攣し始める。
あと3回登れるだろうか……という弱い心が発動して、もう100km以上走ったし降りてもいいよね、、なんて考え出しはじめた。

そんな中でダーヤマのセレクションが開始。
もう勘弁して……と思って後ろで耐えていたら追走集団が2つに割れてトージョー君と後ろに取り残された。
18回目の心臓破りの坂に突入した時点でダーヤマがいる前の集団は中腹あたり。

ここでジョイントできなかったら入賞がなくなると思って全開ブリッジ。
頂上で追いつけず、一旦下りで息を整え登り返しで全開ダッシュ。
それでも僅かに届かなかったので下りで踏み続けて下りきったところでようやくジョイント
デブでよかった……。
逃げるアンディを追う第二集団は8人。
入賞の可能性を首の皮一枚でつなげた感じ。
トージョー君は残念ながら後ろに取り残されたみたいだ。すまぬ・・・。

もはや手札はこの集団でゴールスプリントのみ。
その前にあと2回の登りに耐えられるかどうかも怪しい。
もちろんスプリントに参加するために前を引いたりするもアンディに追いつくのは絶望的な秒数。

ダーヤマが前を引くと悶絶。
どんだけ強いねん。
19回目の心臓破りを何とか登り切ったところで頂上付近のスピードがかなり緩むことから他の選手たちもあまり脚が残っていないだろう。
最後の心臓破りで少し遅れたとしてもこれだけスピードが緩めば下りで必ず追いつける。

とにかくあと1周心臓破りさえ最小限の遅れに留められればスプリントに絡める。
あとは耐えられるかどうか。

そして最後の心臓破りもなるべく力を温存しつつ最小限の遅れに留めて下りで合流。
ダーヤマに「前引ける?」というおこがましいお願いをしたら鬼引きし始めたので超悶絶。
引くの早いわー!と思いつつもナイスアシストで一人消えて入賞の可能性が上がった。

最後はパコパコパコーッ!ってな感じのスカスカスプリントでギリギリ着に絡んだ。
鬼引きしたダーヤマはゴール前で失速。
ありがとう&ごめんなさい。お疲れさま。

ゴール後は盛大に左ハムをつり歩行不可能に。
コース脇に倒れこんで大会スタッフの方に介抱されながら120km走りきった安心感で大きなため息が出た。

f:id:ban_o-vest:20170416232333j:plain
そして腹まで痙攣しはじめた・・・笑



f:id:ban_o-vest:20170416231615j:plain
ま、入賞は入賞なので素直に嬉しい。
ただ内容はクソでした。金魚の糞状態だったので文字通りの。

県選手権ではキツい局面の後半でレースを動かす力をつけるのと、100km越えてからのスプリントができる地脚をつけなければ勝つのは難しいことを改めて実感。
今日、色々と足りないものが浮き彫りになったのであと1ヶ月ちょっとは一日一日を大切に過ごして考えて練習しないとね。



f:id:ban_o-vest:20170416232519j:plain
今回、新潟県勢は優勝3人含め入賞ラッシュ!
雪でまだ山にいけないけど練習環境は最高です。
これからさらに調子を上げていきましょう。

みなさんお疲れさまでした。


帰りは忍さんの運転で帰宅。
ボロボロな体で運転しなくて助かりました。
ありがとうございました!