巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

間瀬4時間耐久レース

ツール・ド・オ・ボン第3ステージ。

4時起床で4時半出発。
高速を降りるころに雨。6時過ぎに到着し雨は上がるも路面はウェット。

車を停めるとちょうど目の前にリューまぐ夫妻(仮)の車が。
そう、今日の相方はF(t)麒麟山レーシングのリュージ。
チーム名は「オレンジ戦隊りゅーバン」というふざけ度MAXで弱そうな(笑)名前で目標は歴代最多周回で優勝というガチな方向で。

コース的には想像より登って下って平坦少し。
修善寺を難易度低くした感じ。
ちなみに大会レコードはイケメン&忍さんが叩き出した77周回。
アベレージだと38km/h台。

8時スタート。
第一走者はリュージ。
1周終えた時点で数人に絞られ30分経過したらKNTさんと二人になっていた。うわー楽しそう。強いぞリュージ。
KNTさんのチームの後続的に優勝がほぼ確実に。

1時間経過したところで交代。
一昨日のロングのダメージで脚がおっも……。
とりあえずちょうど良い走力の人とローテしなくては。
おっ、前方にKNTさん発見。早速ジョインしてしばらく二人で回す。
数周してKNTさんはピットへ。
脚も解れて良い感じ。

[f:id:ban_o-vest:20170814205431j:plain
淡々と走っているとローテについてくる人がいるけど登りで千切れていく……。

ケイデンスは90~100で摺り足でモモを前後に動かす感じのペダリングを意識する。
下りはモホリッチで。
たくさんの走者と混走なのでぶつからないように声をかけながら。
時折、知り合いを追い越す時に背中をポンと押して「頑張れ」と声をかける。

しばらく走っていると吉田高校の岩瀬君が前に。
実はこの時、二位が岩瀬くんら高校生3人チーム。これで1Lapリードしたことになる。

f:id:ban_o-vest:20170814210109j:plain
二人でローテ。
ナカオさんが才能を見出だし、縁あって新潟に来た彼と同じレースを走れるのは何だか感激。
ジュニアギアだから下りで不利だけどしっかり回しているし何だか背中が大きくなったなぁとまるで保護者のような気分。笑
いやー楽しかった。

50分程走ったところでリュージと交代。
気温はそんなに高くないものの湿度が高いので汗が大量に。
ここで忍さんからスポドリとマグオンなど補給食をもらい回復。
ありがとうございました!

残り1時間ちょっとで交代。
またリュージが良い走りをしてくれたおかげで何事もなければ優勝はもう確定。
走り始めると再びKNTさんが前方に。本日2回目のローテ。
少し楽できてラッキー。KNTさんがピットに戻ると今度はアベタケさんと老野生君とジョイント。

アベタケさんが千切れ、老野生君と回していると前方に岩瀬くん。これで2Lap差。
そしてラスト30分でKNTさんアベきゅんが合流。今日初めての5人ローテ。
あー、めちゃくちゃ楽。集団って楽だなー。
楽しくて思わず笑ってしまう。

老野生君がいなくなり4人ローテ。
若手のお手本的には最終周回の登りでアタックしようそうしよう。
と思ったら残り3分あたりの登りで「ラストじゃね?」って雰囲気に。
本当に最後かどうかわからなくて最終コーナー抜けたらチェッカーフラッグが振られていたのでスプリント開始。
あべきゅんのスプリント炸裂でゴール。
最後は不完全燃焼だったものの走り切った充実感があった。

そして結果は優勝!
しかし最多周回まであと1周届かず。
残念でした。

f:id:ban_o-vest:20170814220338j:plain
リュージの記念すべき1勝目をお膳立て。
まぁ今日は十中八九リュージのおかげで勝てたようなものだ。

f:id:ban_o-vest:20170814220838j:plain
夫婦(仮)揃ってファストラップ賞を取る最強カップル。
最終周にはどさくさに紛れてもえまぐろの背中をプッシュしてしまいました。ごめんよリュージ。笑

f:id:ban_o-vest:20170814220945j:plain
最後にF(t)麒麟山レーシングの皆様と。
良いチームだなー。

参加の選手、応援観戦の皆様、大会運営のレーシングピーポー様、ありがとうございました&お疲れ様でした。