巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

レース班練+東山山岳周回4周207km


f:id:ban_o-vest:20171009171830j:image

今日も4時起き、4時40分出発。

一日自転車日和な予感。

 

昨日も練習している、kntさん、イケメンなフィンズ主戦力メンバーに加えて森先生。そして途中合流の野口君、古川と今日も高強度な予感。

 

イケメンが決戦用ホイールをはいているのを見た瞬間に足全体に乳酸がぶわーっと発生した。死の予感しかない。

と言いつつ、自分も練習用タイヤではあるもののヒルクライムレースで良い結果を出してるアールシスSLRなので一方的にボコられることはないだろう。

 

今日のコースは土手~海~薬師。

何度も走っているので調子を確かめやすい。

 

土手はなかなかのハイペースで進行して行く。

強く引きながらも脚を使いすぎないようにペダリングに気をつけて。

分水スプリントはローテ順が良くてチョイ差しして先着。

 

カニカニのスプリントもうまくかかってくれて先着。

最近やっとスプリントの体の使い方ができるようになってきた気がする。

しかし短時間に2回も全開でもがくと流石に回復に時間がかかる。

f:id:ban_o-vest:20171009172650j:image

寺泊で休憩後の海岸線は大人しく。

イケメンが強く長く引くのを尻目に自分はサボり気味に……笑

ローテしながら脚の回復を待っていたら天領の里あたりで良くなってきた。

 

石地に近づくにつれてアタック連発となり、絶妙なタイミングで飛び出したkntさんが石地まで逃げ切り。うまかったなー。

 

とりあえず自分は息が整うのを待つ。

 

後谷ダムの登りでは野口がアタック。

それにつられて自分も強く踏んだら、大腿四頭筋の芯がズキーン。

筋疲労由来の痛みみたいで、今日登りダメかも……と思った瞬間に森先生がカウンターで飛び出して終了。

無理に追わずにペースで登り、なんとか下り区間で追い付く。

 

薬師峠では再び野口がアタック。

垂れるだろうと容認。イケメンと二人で追うもなかなか捕まらない。

そうこうしているうちにイケメンから離れてしまうが、ここまで結構ペースが良かったので好タイムが出るかもと諦めずに踏む。

 

最後のヘアピンを抜けた急坂で野口が垂れていたのでパス。

イケメンは届きそうな位置。最後に詰めたけど届かなかった。

それでも薬師は自己ベスト。

6分26秒338W

 

7分弱で登った野口(体重64kg位)が310Wだったらしいので、パワー計の数値がおかしい気もするけど痩せたということにしておこう。

(やった!)

 

 長岡ニュータウン坂に突入した途端に右脚の内転筋がつりかけた。一人分ローテをパスして何とか誤魔化し回復。

非情にもイケメンがハイペースで引き信号に引っ掛からなかったので過去最速。ボクは悶絶。

7分13秒300W

 

頂上過ぎでもイケメン、kntさんとバトル勃発。

アドレナリン全開でスリリングな展開で脚が完全にお亡くなりになりました(チーン)

皆、レースに向けて調子が上がってますね!

 

お店にてコーヒータイム。

おはサイメンバーもちらほらと集まり出して談笑。

どうやら東山で別枠のJCRC対策練が催されているらしく、森先生、野口を引き連れて襲撃に。

 

ちょうど山岳周回への入り口で前方にターゲット確認しロックオン。

しかしこちらもレース班練後。

なかなか追い付けない。

クスミさんとスズキ先生が先行しているが速いぞ。

とりあえず射程圏内を何とかキープし最後に一気にスプリントして捲って先着(か、森先生、野口と同着?)

 

2周目に突入する前の平地で野口がアタック。

つられてクスミさんもカッ飛んで行く。

敢えて放置し、タイム差をつけて登りに突入。

350W位で踏んでいたら後にピッタリとカメラマン和田氏がついてきてるではないか。

どれだけ自分の後ろは風が来ないんだと400W位まで強く踏んで引き離した。

 

さて前方では野口がまたアタックしている。

一体今日は何回目なの……?

こちらもガチ踏みして前3人をパス。

2周目が終わり、スズキ先生にあと何周?と聞くと2周するとのこと。

 

に、2周……?

1~2周で止めようと思っていたのだが、こうなったら全部頂上取らないとレースで良い結果が出せないと集中し直し。

 

また平地区間で野口のアタックが炸裂し、登りでキツい展開が予想される。

もう止めて……(てか追えや)

 

結構差が開いた状況で坂に突入したが、最初の坂である程度差を詰めて、逃げる野口を射程内へ。

 

強く踏んだらクスミさんが粘ってくるので油断できない状況。

おかげで最後まで集中して踏めました。

かろうじて先着。

 

4周目もアドバンテージを抱えたまま登りへ。

野口は度重なるアタックの影響で完全に終わった様子。

前を走るクスミさん、スズキ先生を追いかける展開。

さっきまでと変わってなかなか追い付くことができない。

だが失速するだろうポイントで心を折るべく我慢して距離を保つ。

そして二人の登坂スピードが落ちたところで一気にフルモガキ。

喉まで心臓が出てきたので飲み込んで、残りも集中して踏んで念のため最後もモガいて声にならない声を出してゴール。

キツかった……。

f:id:ban_o-vest:20171009175735j:image

おかげで楽しく脚に止めが刺せました。

ありがとうございました!

 

解散しコンビニで多目に補給後に森立峠で締めようかと思ったら途中でハンガーノックになりかけて迷わず引き返した。

 

流石に内臓も疲れてエネルギー転換が間に合わなかったみたい。

まぁ自分のポテンシャルはこの程度かもしれない。

改めてステージレーサーの凄さがわかった。

グランツール出る選手って身体どーなってるの……?

 

元気になったところで180km地点まで頑張って、残りは流しを決め込む。

もう絶対に踏まないぞ。
f:id:ban_o-vest:20171009193925j:image

気温が11月の沖縄みたい。

暑い日でした。

 

今週は雨続きだから水曜日に最終追い込みして後はJCRCまでレストかな。

 

1001k