巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

越後のクライマーと枝折峠3本127km

f:id:ban_o-vest:20170624171346j:plain
今日はこちらのクライマーなお二人と。
「自称」クライマーな自分にとって厳しい展開は目に見えており前日の夜は枝折峠を苦しんで登る夢を見たほど。

胸を借りるつもりで挑みます。

湯之谷の道の駅に6時集合。
ゆるゆるとスタート地点のユピオまで向かいます。
そのままの流れでスタート。

最初の緩斜面区間は3人で協力してハイペースで。忍さんの引きっぷりが男前であっという間に登り口に到達。
つづら折り区間で二人がダンシングしてペースアップするが自分はシッティングで凌ぐ。

急坂区間でジャブ的にダンシングしてダッシュしたら思いの外二人が離れてくれたのでそのままペース走に移行。

しばらく走っていると後ろから「カチャッ」とシフトダウンの音が。
忍さんが追い付いてきた。もちろん想定内。
少し後ろに小幡さんもいて諦めている様子がないので気が抜けない。
この緊張感たまらないです。

忍さんがペースメイクをして、こちらがシッティングで凌げるペースなのでしばらく牽制モード。
二つ目のスノーシェッド前で長めのダンシングをしたら忍さんが離れた。
意図的にペースアップしたわけではないので少し困惑した。
何はともあれタレなければ勝てるはず。
しかし先日のイリュージョンのようなブリッジを思い出したら怖くてしょーがない。

あのコーナーを曲がってからふと後ろを見るとすぐ後ろにいるんじゃないかと。
この型破りなクライマーには必勝パターンが通用しない。
なので最後の難所魔女の三段坂でもアウターのままダンシングで踏みしだく。
ふとガーミン先生を見たら450W出ていたので見なかったことに……。

ゴールまで残り1kmの緩斜面区間に入っても油断せずに全開で走ってゴール。
しんどかったぜ……!
f:id:ban_o-vest:20170624173700j:plain
自分、「クライマー」って名乗ってもイイヨネ!?

39分05秒305W

f:id:ban_o-vest:20170624173828j:plain
三番手の小幡さんも41分台とレベル高い。

おしゃべりしながら銀山平側に下る。
空気がひんやりとしていて気持ち良いし、あまり人が来ないところだからTHE大自然という感じで癒される。
下った後にまたゆっくりとおしゃべりしながら登って脚がほぐれていく。

長い長いダウンヒルをしていくうちにまた登りたくなるのがしおりんの魅力。
罪なやつ……。

ユピオでコーラ補給をした後に二本目へ。

今度は最初の緩斜面でも強く引けなかったので42分台なら御の字かな~という感じ。
つづら折り区間でダンシングしてもさっきのように二人を引き離せず。
忍さんが「引き返してもいい?」って言うくらい3人の脚は終わりかけていた。

案の定、一瞬忍さんが離れるもこちらもペースが上げられないので再び3人まとまって。
ダンシングを極力封印して最終局面に備える。

魔女の三段坂前でサイレントアタックを仕掛けたら小幡さんが離れた。
しかし忍さんは離れない。流石チャンプ。
何度も走っているとわかるけど何度もアタックしても心が折れない。
ならいっそのこと最後のスプリントまでもつれ込めば勝てるからとにかく我慢。

一番キツい局面で本日初めてインナーに落として何とかクリアして残り1kmの緩斜面で忍さんから「ここで頑張ればニセコいけるぞ!」と激が飛んだのでアウターに入れ直して最後の1滴を振り絞るようにアタック。
ゴール手前で追い付かれてオワタ……と思ったけどスプリントなら負ける気がしないので最後にスプリント。腰を上げる余力すらなかったものの自信が付く2連勝。やったー!
まぁ、忍さんは通勤用バイクに負傷中ですが、、それでも勝てたのは嬉しい。

40分04秒286W

f:id:ban_o-vest:20170624180132j:plain
また来たよ。きたのよしお氏。
小幡さんもさっきより速い40分台。
ハイレベルな空中戦が繰り広げられました。

また長いダウンヒルをした後にユピオまで下った時点で午前10時。
あと1本行けるね!ということでおかわり。
流して行きましょうと釘を刺されましたが、また40分台とか出したら化け物なので無理です。

f:id:ban_o-vest:20170624180707j:plain
おしゃべりしながら坦々と。
早々にインナーに落とすも結構良いペースで油断したら千切れそ……。

壮大な景色と路面からの感触を味わいながらコースの要点をチェック。
しかし改めて思うけど最後の三段坂は嫌らしいところに設定されている。
まさに天国への階段のよう。

3人まとまって登頂。
f:id:ban_o-vest:20170624181342j:plain
50分46秒217W

下っているとたくさんのお知り合いとスレ違った。
今日確認できただけでも10人以上は登っていたんじゃないかな。
本当にしおりんはモテモテだなぁ。
魔性の峠だ。……また登りに来るね。

獲得標高2806m

6月累計1603km

じてつう流し29km

絶対に300Wを上回らないように。

強く踏まないで綺麗に丁寧に軽く回し続けるのって意外に難しい。
毎回そう思います。

帰りは文明の利器を利用したワープ大作戦。
「りんこう」とも言う。
19時台の電車は空いていて快適でした。

6月累計1475km

じてつう山古志で山遊び往復107km

昨日は長めの残業から帰宅後にソファで横になり、目をつぶった次の瞬間に午前1時。
完全に寝落ちかましてトレオフ。
おかげでスッキリ。

さらに雨予報だと思っていたら空が晴れて路面もドライ。
今日もじてつうで間違いなし。

本日は仕事が早く終わったので山古志方面へ。
楽しいったらありゃしなくて日没まで遊んでしまった。
f:id:ban_o-vest:20170622221446j:plain
こんなところで練習してます。
あー幸せ。

家に帰る頃には真っ暗。
往復107kmで大満足。

ちなみに平日過去最長走行距離は朝に矢野口おはサイ➡仕事➡夜に大垂水峠往復の140km。
この時は帰宅が22時半でした。
さすがに今は難しいけど、いつか150km位は達成したい。

獲得標高1308m

6月累計1446km

じてつうアサクライム、ヨルクライム往復73.5km

30分だけ早起きして朝からヒルクライム

再び川口から木沢トンネルまで。
昨日よりも10秒落ち。まぁまぁだな。
タイムを狙い過ぎてペダリングがちと雑になってしまったので次から気をつけよう。
f:id:ban_o-vest:20170620213139j:plain
朝からスッキリ。
1年半前までこの時間帯は満員電車に揺られていたなーなんて思いながら。

______________________________________________

帰りは別の登り口から木沢トンネルまで。
タイムアタックの時はダンシングを多用。

ワットが出にくい緩斜面も強く回すことを心がけて。
最後までペースを緩めずに。
13分39秒311W

f:id:ban_o-vest:20170620214458j:plain
下る頃には外が暗く。
ダウンヒルで魂削った。

明日は雨だからリカバリーかな。

獲得標高833m
6月累計1338km

じてつう9分坂1本65km

ロングから中一日。
疲れが残っているため朝は流しで。
それでも良いタイムで会社着。調子よし。

帰りには登りを1本。
川口から木沢トンネルまで。
f:id:ban_o-vest:20170619213458j:plain
写真ブレブレですがな。

f:id:ban_o-vest:20170619215901j:plain
しかしオバタさん速いな。
脚が浮腫んでいるとはいえ結構全開だったのに。

9分坂だと思ったらセグメントは途中からだった。今気づいた。
麓からなら15分位かな。

獲得標高580m

6月累計1265km