巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

じょんのびマラソン野田100km(115km)

その前に土曜日の話。

魚沼は雨。
お盆は来客が多いので家の掃除をし、雨が上がり路面が乾いたところでライドオン。

山の日ということで近場の後山へ。
工事ストップで10秒位足止めしたが自己ベストに近いタイムで登れた。

あとは30秒ダッシュ5本やって帰宅。40km。

夜はお酒飲んで帰宅は0時過ぎ、就寝は1時。


翌日の今日は柏崎へ。
じょんのびさん主催の野田100kmマラソンへ。
実際は1周11.5km10周の115kmだけど。



f:id:ban_o-vest:20180812215132j:plain
寄付金1000円で補給も充実。
毎周回ドリンクを受け取れるのも素晴らしいライドイベントです。

8時スタート。
途中離脱、途中参加OKとゆるいライドなので参加者多め。
しかしながら、アンディさんなどのガチ勢もいて結局レースとなるのである。


1周目はコース試走を兼ねたパレード走行。
しかし、まぁまぁなペース。最近ズイフト族となった東條君が先頭を引くと少し飛び出したところにGOKISOはいて下りがめちゃくちゃ速い伊達さんと普通に下りが速いアンディさんが下り区間で東條君に合流し3人逃げに。

2周目に入り、ペッと踏んで逃げを潰す。
すでに人数は絞られ、いつも走っているメンバーに。

とりあえず5周完了するまでは大人しく集団に潜む。
ここまで気温的には涼しく4周完了時(46km)にボトル1本消費したのみ。
途中休憩を挟むか皆に聞いてみるが伊達さんがあと半分だから休憩いらないって言うんでノンストップで6周目に突入。

さて今までは登りのたびに伊達さん、忍さん、東條君が上げ、下りではアンディさんがペースを上げるのを耐えて動くタイミングを見計らっていた。
後半に入り攻撃が緩んだなと感じたのでセレクション開始。

ペッ!ペッ!と踏んだら東條君が釣れ、少し後ろに忍さん伊達さん二人が追走する構図に。
気温も上がり水の消費が増え、暑さで力が入らなくなる中、7周目に入ってもまだ後ろに二人の姿が。
ただ、確実に差は開いていて下りで引き離せるだろうと焦らずイーブンペースで東條君と回す。

そしたら8周目には後ろも完全に見えなくなり勝負は二人に絞られた。
しかしズイフトしまくっている効果なのか東條君の引きが力強い。
さらに暑さもピークに差し掛かり力が内側から涌き出てこない。

確実に勝てるスプリントを視野に入れた矢先のラスト1周で東條君が力尽きナチュラルに千切れたので、一人TT開始。
独走でゴールに飛び込めた。



f:id:ban_o-vest:20180812215319j:plain



f:id:ban_o-vest:20180812215306j:plain



お疲れ様でした!
アスファルトがあちぃ…!!




f:id:ban_o-vest:20180812215332j:plain


午後からじょんのびさんで打ち上げ。
久しぶりにダーヤマ登場。元気な姿を見れて嬉しいぞ。



f:id:ban_o-vest:20180812215351j:plain

明後日はアンディさんとチーム組んで間瀬エンデューロでヒーハーします。

変態さんとじてつう56km

そういえば昨日は1分坂だけ全開で走ったんだった。
525W。
7倍……かぁ。精進あるのみですな。

そんな今日は帰り道に変態クライマー忍氏とオシャクソアクティブリカバリー。



f:id:ban_o-vest:20180810202808j:plain


昔のヘルメットみたいで仕事中にツボったw

ほとんど土手沿いのおしゃべりルートで帰宅。
さぁお盆休み突入しました。


f:id:ban_o-vest:20180810202836j:plain

後山じてつう80km

5時40分出発。
今朝もひんやりとしていて気持ちよい。

疲労感も軽くなったところで後山で朝から山岳TTへ。
シッティングもかかったし、ダンシングも腕の引きがバイクと連動できて推進力を生めたと思う。
手動計測で11分切り自己ベスト。
死兆星が見えた……。



f:id:ban_o-vest:20180808214258j:plain


ただ自転車通勤しているだけなのに気持ちが軽やかになる。
田舎はいいぞぉ。雪降るけど……


帰りは2日連続で忍さんとスレ違う。
再びじてつうバトルする日はやってくるのだろうか。

ミストじてつう53km

今朝は霧雨?みたいな水の粒が降っていて涼しいじてつうでした。
最高気温29℃で涼しく感じるほど今年の夏は異様に暑い中でひとときのオアシス。

一昨年の超高強度な40分と昨日は完オフにしたおかげで結構調子が上がった。
ただ疲労感は残るので様子見の中強度で(感覚が頼り)


お盆前で物流がパンク気味。商品も欠品がちらほら。さらに控える内部監査。たまっている是正処置報告書。
軽く正念場です。



f:id:ban_o-vest:20180807220830j:plain

若手のうっとうしい壁となっている変態なクライマーで締めます。
この壁は高いぞ。