バンの自転車日記

F(t)麒麟山レーシング所属自称パワー系クライマー笑

JCRC群馬SAクラス60km

結構、脚を使っちゃった。

何とかリカバリーしなくては。

 

エンデューロが終わりゼリーのプロテイン。豚汁と五目ご飯のおにぎりで腹ごしらえ。

 

近場をぐるぐる回り脚の筋肉が固まるのを防ぐ。

12時45分スタート。

 

少人数ながら、脚が重くてキツイ。

いつもダブルエントリーしたのを激しく後悔するが脚はそのうち回るようになると信じて耐え忍ぶ。

 

いきなりフィッツの藤田さん、サイタマサイクルプロジェクトの福原さんが二人逃げる。

集団が回っているうちは焦らずローテに加わって差を詰める。

 

しばらく大きな動きがないまま4周目にリフト坂で集団が緩んだのでペースアップ。

さらに心臓破りで踏んで7人に絞りこみ。

りゅーじが遅れてしまったようだ。すまない。

 


f:id:ban_o-vest:20190421214955j:image

ここでこの6人とはダントツに脚が残ってないことを悟る。

イノウエレーシング3人はローテを分散させている感じ。

福原さん、藤田さんもたまにローテ飛ばすけど脚がある感じ。

COW群馬の戸塚さんも元気。

 

そして五目ご飯が胃袋から出てきそう。

 

登りで遅れがちになり、あとは修行の時間。

登りはできるだけ休むダンシングをして脚の消耗を防ぐ。

 

アタックしたら決まりそうな時がいくつもあったのに動けないというもどかしさ。

そして心臓破りが脚がちぎれそうなほどキツイ。

 

ラスト3周あたりで次は止めようと頭をよぎったが何故か次の心臓破りはスローペースで命拾い。

だが最終周回で藤田さん、福原さんが飛び出して追走も活性化。

 

最後の心臓破りでペースが上がり完全に脚が止まってレース終了。

ダブルエントリーの2レース目はスプリントまで生き残るのが困難すぎる。

 

7位でゴール。

 


f:id:ban_o-vest:20190421210323j:image

りゅーじも無事完走。

どんどん強くなってるね。31才。これからまだまだ伸びるぞ。

 

試走、アップ、レース2回で合計160km。

 

来週は展開も強度も違うけど良い練習になったと思う。

 

しっかりリカバリーして来週に備えます。

 

Photo by もえまぐ&Wadaさん

JCRC群馬エンデューロクラス78km

胃がめちゃくちゃ不快な朝。

酒臭いと散々言われながら和田さんの運転でイケメンと3人で5時半出発。

 

が、ボトルを忘れるという凡ミスかまして5時45分発。申し訳ございませんでした。

会場入りが6時50分着。

 

路面状況と脚の調子を見るために3周試走。

年々路面が荒れているような、、

 

8時30分にエンデューロクラススタート。

序盤から飛び出しがある中、30~40分経過時に何となく決まりそうな雰囲気があったのでリフト坂でアタック。

そして心臓破りを8割で踏んで6人逃げが成立。

 

自分、イケメン、Knt店長、りゅーじの新潟レース班メンバーとサンクスサイクルラボ石橋君、CUBEの高木さん。

 

心臓破りで観戦していた元エカーズの椙田君がタイム差を教えてくれて応援してくれた。

久しぶりに会ったけど元気そうでよかった。

 

逃げ始めは後ろに集団が見えて焦るし、それが大集団ならなおさら追いつかれるんじゃないかと踏みやめて集団に戻る選択をしてしまいそうだけど、とりあえずタイム差が開くまで踏み続ける。

 

心臓破りのカーブで後ろを確認してタイム差を推し量る。

この時、集団の姿が見えなければ少なくとも40秒は差がついていることになる。

 

登りはゆっくり過ぎてもダメなのでじわーっとペース走で。

 

1分以上差が開くまで緩めずに走ろうと踏んでいたらイケメンが体の不調でドロップ。

登りは一番余裕があったように見えたのに残念。

 

しばらくローテを回して1分以上差が開いたところで攻撃開始。

スプリントは避けたいので心臓破りで麓から踏み抜いたら石橋君が遅れた。


f:id:ban_o-vest:20190421214807j:image

4人での勝負へ。

 

あと何発か打てそうか微妙な脚加減だったがKnt店長がスプリントしようって言ってきたので承諾。

本当はラストの心臓破りで飛び出す予定だったが付き合ってあげましょう。

 

の前にラスト2周あたりの心臓破りでりゅーじがペースを上げてタイミング悪かった自分は悶絶。

一気に踏み抜かれていたら死んでたマジで。

 

スプリント作戦が筒抜けなCube高木さんにラストの心臓破りで飛び出されて、バックストレートからホームストレート入り口まで追走。

結果的にこの動きが発射台となってしまい、りゅーじ、店長を発射。

終始調子が良さげで動いていたknt店長が優勝。

りゅーじはバースデイウィンならず。

自分は3位を死守。

 

いやー、勝ちたかった…。


f:id:ban_o-vest:20190421190245j:image

新潟県勢ワンツースリー!(後ろのあべきゅんも集団頭で6位入賞)

レース班練in群馬終了!おつかれっした!

 

午後のSAクラスはどーなってしまうんだろうか。

つづく。

JCRC前日

午前中はお仕事。

午後にフィンズに寄って補給食を購入。

 

フィンズの明日の作戦は金子の清ちゃんが全人類に絶望を与えるアタックを1周目から実行するとか。

 

帰ったら80km。


f:id:ban_o-vest:20190421050011j:image

WAKOSで洗車、注油。


f:id:ban_o-vest:20190421050103j:image

コスミックカーボン履かせて決戦仕様に。


f:id:ban_o-vest:20190421050217j:image

浦佐バイパスまで試走へ。

夕日と青空と雪化粧が残る越後三山のコラボレーションが綺麗。

 

そして……

f:id:ban_o-vest:20190421050408j:image

夜は前哨戦に。

序盤からアタック合戦で頭痛いんですけど……

すでに戦いは始まっている。

 

ダンシング練

月曜、完オフ。

 

火曜、L4以上禁止。

なぜか火曜日は脚が回ったが我慢。

 

水曜、

1時間早く起きて後山へ。

急坂区間をダンシングで。

ハンドルを対角線上に引き込むように上半身を使うように意識。

 

キツくなってからのフォーム維持が余計キツイ。

座りたい欲求を制して最後までL5以上で踏み抜けた。

 

下りでパンク。

ボンベのおかげで10分で再スタート。焦った。

 

木曜、山古志支所側から虫亀ヒルクライム

もちろんダンシング多め。

 

ハンドルを引いて押して引いて押して……

腕が疲れるが座りたい欲求を制して…以下同文

 

区間シーズンベスト。

いい感じです。

 

3日間で211km。

あとはレース当日まで体を休めて、JCRCは高強度な展開に出来たらいいな。

最近はトントン拍子で調子が戻るのが楽しい。

f:id:ban_o-vest:20190418220429j:image

ようやく、魚沼も桜が咲き始め。

新潟県は長い時間、桜を楽しめていいね。

 

フィンズレース班練155km

今日もフィンズレース班練へ。


f:id:ban_o-vest:20190414211502j:image

指切りグローブは朝はまだ寒いかな。

 


f:id:ban_o-vest:20190414211835j:image

今日もたくさん。

先発と後発に分けてスタート。

 

先発に追い付くべくKNT店長、あべきゅん(E1)、イケメン(E2。え?)との4人ローテで爆速ペース。悶絶。

 

与板橋手前でギリギリ届かず。

 

分水は早がけからのズブズブ。

あべきゅんスプリント炸裂。


f:id:ban_o-vest:20190414212900j:image

カニカニは過去最速ペースからのイケメンと牽制して後ろからあべきゅんのスプリントに串刺しにされた。

自分は頂上まで踏み切れる脚力がまだできていない感じ。

 

寺泊で海苔巻きを補給。

 

再び海岸線は先発、後発を分けて。

 

風は穏やか。

ローテは全員が参加。

天領を過ぎ先発隊の姿が見えた。

 

が、石地手前で先頭から降りた瞬間にアタックがかかる。非情なり。

しかも先発にギリギリ届かないという。

今日は絶妙なタイム設定と人数だったなぁ。

 

後谷ダムはオールダンシングで坦々粛々と。

 

薬師はイケメン、野口さんと3人でバトル。

最後はイケメンに競り負け1秒差で沈。

向かい風&序盤の牽制気味なスローペースでタイムが伸びず。

6分50秒350W

 

ラストまでダンシングで踏み抜ける脚がまだできていないから最後に腰を下ろして失速。

ここは今後の練習で積み上げて行く予定。

 

長岡ニュータウンも向かい風な悶絶ペースから最後にイケメンと抜け出しスプリントで差されて沈。

 

実力が近いライバルのおかげで限界突破で悶絶できた。完全に死亡!

 

午後に用事があったので家までTT。

二日間の高強度で反動があると思うので明日は完全オフかL3以上禁止だな。

 

TSS 320