巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

柏崎間瀬クラシック168km

前日は雨予報。アンディさんが「雨の中走ると強くなるよ!本当だよ」

と言う言葉に妙な説得力を感じ、ホイホイと柏崎まで。

 

6時柏崎スタート。

なんと天気は曇り。雨を覚悟していたのでラッキー。

アンディさんとミーダさんと出発。

 

走り出すと深刻な股関節痛。

途中で帰りたいと何回、いや何十回思ったことか。

とりあえず痛みが出ない走りを模索。

 

原発坂でアンディさんが30km/hで引く後ろでミーダさんの断末魔が聞こえるか聞こえないかの境目。

「マジで帰ろうかと思った。」と後に供述。

 

台風の影響か海岸線は向風。

つ…辛い、、、

もう帰りたい気持ちと痛みが出ないペダリングの模索が葛藤します。

寺泊付近を走っていると、前方にイトーさん発見!

すぐさま内陸部に拉致し道連……練習の仲間入りをしてもらいます。

f:id:ban_o-vest:20170917214310j:image

進行方向が変わると風向きも変わり、追い風に。

調子に乗って高強度な走りをしたら後ろからうめき声が。イトーさん、ミーダさんがキツそうです。よしよし。

さらに登りでダンシングすると「立つな!立つな~!」と。

アンディさんと自分で8割程引いてコンビニにピットイン。

ここまで65km。時刻は8時頃。

 

イトーさんが9時までには家に帰りたいらしいので、

バ「海はこっち方面ですよ(指差しながら)」

イ「そっちって原発ある?」

バ「いや江ノ島とかあります」

イ「いやいやいや」

 

アー!間違えて太平洋を指差してしまった。

なやり取りに


f:id:ban_o-vest:20170917220452j:image

イトーさんも嬉しそうです。


f:id:ban_o-vest:20170917220539j:image

すかさずアンディさんの英国式コミュニケーションが入ります。

イトーさんの9時までに帰宅は時速60km/h近くで引かないといけないので絶望的ですが、せっかくなので弥彦までイトーさんを運ぶことに。
f:id:ban_o-vest:20170917220729j:image

相変わらず海岸線は向風地獄ですが、間瀬経由で弥彦にピットイン。

 

イトーさんとお別れし、寺泊のファミマへ。
f:id:ban_o-vest:20170917224200j:image

アンディさんがコーラとパンをおごってくれました!

伊達會長も合流し、石地まででしたが一緒にローテ。

追い風ですが、ガリガリに削り行く脚。

それに反比例して元気になって行くアンディさん……

 

原発坂では先頭で突入。

そしてトンネル抜けたところでギアを一枚上げてダンシングに。

そう、後続を千切りにかかったのである。

しかしアンディさんがそれを上回るスピードでペースアップ。

ピークに向けて猛チャージするも縮まらない距離。

マジかよ……と、自転車はアウターのままでしたが、心がインナーローに落ちた。

 

そして最後に超絶向風で気持ちがチェーン落ち。

ゆっくり流して柏崎まで。


f:id:ban_o-vest:20170917225120j:image

ゴール直後に雨。

素晴らしいタイミング。

 


f:id:ban_o-vest:20170917225207j:image

楽し苦しく練習できました!

 

伊達會バン外編(會長不在)161km

5時起床。

今日は伊達會メンバーで練習。

伊達會は一回しか出たことないけど。

 

群馬の心臓破り坂対策をしたい某メンバーが国上山と角田山を登りたいというので意見を尊重しコースセッティング。

しかし言い出しっぺの彼が合コンの二次会が楽しすぎてDNSしますと……

 

最近パンチャートレーニングしてるみたいなのでアタックが決まったのか気になるところ…レースレポの提出を要求したので近いうちに仕上げてくれるだろう。

楽しみである(煽り)

f:id:ban_o-vest:20170916182950j:image

というわけで練習会の呼び掛けに集まってくれた↑のメンバーで弥彦方面へ。

国上と角田山は回避という平地メインルート。

 

土手を走っていると古川合流。
f:id:ban_o-vest:20170916183842j:image

グリーン、ピンク、ビール、ブルー、オレンジとカラフルです。

 

調子はというとあまりよろしくない。

謎の股関節痛もあるし、加速にキレがない。

うまく力を抜いて生き延びよう。

 

古川が途中離脱し、弥彦で休憩。

間瀬峠を越えて海岸線ルートから石地まで行くことに。

 

間瀬峠では森先生がアタック。

もちろん反応します。

斜度がキツイところで引き離しピークを通過。


f:id:ban_o-vest:20170916184829j:image

間瀬の交差点から海岸線は平坦インターバル。

平坦になるとモトキングのペダリングがキレイ。踵が下がらず膝の軌道がスムーズ。

自分もこんなペダリングしたいと思いながらゴリゴリ踏んでスピードを維持。

 

天領の里の橋でアタックして森先生と二人に。

誰かを釣るためと、最後にアタックする力を残すために7割位の力で。

しかしゴール前で再度アタックに対応されて石地まで先着を許してしまった。

最後失敗したなー。やられた。


f:id:ban_o-vest:20170916185704j:image

登りは流しましょう!

もちろん詐欺になるのはわかっているので言うと悲しくなります。

 

後谷ダムはモトキングにペースメイクしてもらい、薬師前にドリンク休憩。

 

登り始めると森先生にペースを作ってもらいながらツキイチ戦法。

確実に引き離せる最終ヘアピン後の急坂でダンシング。

少しセコイような気もするがさっきのお返しだ。

タイムはまずまずの6分42秒。


f:id:ban_o-vest:20170916190144j:image

モトキングも結構速く登ってきた。

ミーダさんはマイペースで。登りを捨てる潔さ(笑)

 

長岡ニュータウン坂も坦々と、、と思ったら最後にアタックしている自分がいた。

しかし森先生、モトキングに反応されカウンターアタックを食らう。

二人から千切れたが、幸いにも二人が牽制しているので運よく追い付き、さらにペースアップしたモトキングに付いて最後はスプリントして差せた。

 

そんな展開があった長岡ニュータウン坂は自己ベスト。

これにて練習終了。

 

小千谷まで戻り、会社に置いてきた車を回収し終了。

 

感覚的に調子が悪いながらも平均速度は高いし、登りのタイムが良かったのはメンバーのおかげである。

良い練習ができて感謝!

会社行事からローラーでアクティブリカバリー

本日は会社行事。

会計係に抜擢されたのが入社3ヶ月未満(試用期間)の12月。

 

社長との予算交渉から始まり、6月の社員旅行幹事から、今回は料理、お酒の手配、出欠確認と日常業務の合間にこなさないといけなくて大変でした。

まぁ金融時代の激務から比べたら大したことありませんでしたが。

この後の会計事務でラストです。

思えば、昨年の10月入社から1年。あっという間でした。
f:id:ban_o-vest:20170915224159j:image

忍さんも正装である赤城山チャンピオンジャージで参戦(笑)

自転車仲間がいるし、職場の人たちに恵まれてこの会社はサイコーです。

 

というか、今日みたいに半日生産を止めて行事も仕事の一環として社員に給料払うのって経営者目線から見たら相当なことです。

だって売上落ちて人件費が出ていくからマイナスしかないですからね。

寛大な社長に感謝です。 


f:id:ban_o-vest:20170915225326j:image

 22時前に帰宅できたので酒抜きローラーをば。

20分程くるくる回してじんわり汗流して終了。

 

明日はまた楽しい仲間たちと練習です。

めちゃくちゃ追い込む予定。

5分5本インターバる

朝だけ雨。

車で通勤すると会社に着いたら地面が乾いているというフラストレーションが溜まるパターン。

 

というわけで帰宅後にローラー。

昨日よりかは脚が回るので今日はインターバっちゃお。

5分走を5本。レスト5分で。

やはり調子が悪いのか脚が上がらない。故に体の動きが小さくなって踏み込み位置が低くなってしまうので意識的に脚を上げながら。

 

本数を重ねるごとに筋肉の動きもよくなってきた。

次第に脚が解れてきたおかげもあるかな。

しかしながら流石にラスト1本はキツくてフォームが崩れかけた。

 

調子が良ければ7本やろうかと思ったけど限界突破する意欲と勇気がなかったので終了。

また今度。

 


f:id:ban_o-vest:20170914233208j:image

そういえば、練習再開したこの日からちょうど一年。

この時はまだ腰痛が残っていて写真で見ると体のバランスが傾いているのがわかる。

復活までの積み重ねは長くてキツかったけど自転車続けてて良かった。

 

後ろを走っている人とも早く一緒に走りたいですね。来年かな。

 

 

山本山テーテー70km

昨日は帰宅後にソッコー落ちて完全オフ。

 

今日は調子が良いかなと思ったら真逆。

行きは追い込めそうにないのでアクティブリカバリー。

 

帰りに山本山へ。

脚が浮腫んでいてダルいし重い。

こういう時は力任せに踏み込むとすぐに脚が完売になるのでフォーム、ペダリング重視。

 

あーダメだ、全然かからない。

やむを得ずダンシング頼り。ごまかしごまかしで何とか出力を維持。

ラストはスプリントするもモーッサリ。全然伸びず。

f:id:ban_o-vest:20170913224305j:image

9分45秒推定370W

 

KOM更新するもあまり実戦に通用するような登坂ではなかったな。

次の登りで千切れるような走りでした。

 


f:id:ban_o-vest:20170913230418j:image

センチメンタルな気分にさせる秋の夕暮れ。

ゆっくりお家に帰りました。