バンの自転車日記

F(t)麒麟山レーシング所属自称パワー系クライマー笑

埼玉サイクルエキスポのサポートと物見山周回練121km


f:id:ban_o-vest:20190217154149j:image

新しいチームでのお仕事に行ってきました。

試乗会の後ろを付いて安全走行をサポートするというお仕事です。

 

9kmのコースを30分かけてゆっくりと×3セット。

f:id:ban_o-vest:20190217154451j:image

埼玉県庁から是非ここを走って欲しいというコースらしい。

見沼代用水路(緑のヘルシーロード)。昔通ったことあるのかな。

 

さすがに強度がアレなので休憩時間を利用して1時間弱近場をトレーニングライド。


f:id:ban_o-vest:20190217154932j:image

チームの若者たち。

右から18歳、20歳、22歳、○2歳。

眩しすぎるぜ!(一人除く)

 

お仕事終了後に皆でスポンサー様へご挨拶。

 

川口の親戚宅へ一泊して翌日の今日はろーたすの高瀬さんに案内していただき、物見山周回へ。


f:id:ban_o-vest:20190217155306j:image

途中ですずきしゅんぺい君も合流。

現役MTBライダーということもありバイクコントロールテクニックが凄まじい。

 

荒川峠で悶絶状態。

体感的に超級だが今日は2級らしい……

エアロフォームを意識しながらすでにへとへと。

 

物見山周回へ着いて案内してもらってからソロで4周ほど。

たくさんの方が練習している中に奈良さんがいたので1周だけご一緒しました。

(サイタマサイクルプロジェクトの三角君やパインヒルズの松村さんもいたらしいけど挨拶できず)

 

「事前に来るの言ってくれればイキのいいのたくさん連れてきたのに」

って荒川峠で殉職するパターンかな……

 

2~3分程の坂道なら最後まで踏み切れるが、今は中腹あたりで脚がいっぱいいっぱいに。

どうしても脚がなくなってくるとペダリングもスムーズにいかなくなってしまう。

そこでどういう軌道にすればスムーズに回せるかの答えは未だ出せていない。

 

まだまだ戦える状態までは遠い。

 

帰りは追い風に乗りながらも手を抜かずに踏みまくるもんだから結局高強度。

 

低い姿勢を取る際に背中を丸めるよりも、背中を前に伸ばすイメージの方が出力を出せるのと持続力が続くみたい。

たくさん走った割りには腰だとか背中が痛くならなかったのは良かったかな。

 

少しだけ右の股関節に張りがあり、右脚の方がももが上がらなかったので普段からストレッチボール(テニスボールでもOK)で解すようにします。

そうすると膝が上がりペダルへの打点がより12時に近くなるんだよね。

 

急なお願いにもかかわらず色々と動いていただいた高瀬さんには感謝です!

 

 

マーグン遠征114kmシェイクダウン


f:id:ban_o-vest:20190210175336j:image

初乗り。

ローラーでポジションを合わせたけど実走だとやはり違和感ある。

ハムを意識しやすいようにサドル高を下げた。

 

走り出しこそ慣れないものの、出力は良い感じ。

持続力もまずまず。

しばらくはこのポジションに体を慣らしていく方向で。

 

で、マーグンはところどころ路面凍結。

そして低速で落車!いきなりハンガーが曲がったぽい、、

 

変速は問題ないのでリスタート。

 

調子の方は目に見えて復調に向かっており、今日は1週間前と比べて良い走りができた。

 

後輪がほぼスローパンクでもなぜか千切れない忍さんや年中調子が落ちないDTさんと走ると良い練習になります!

 

まだまだ目標とする仕上がりまで先が長いけど一つ一つ積み重ねていきます。

 

獲得標高1750m

TSS225

 

海岸線ベースアップライド109km

毎年恒例となるだろう、TTバイクなアンディさんに引きずられる練。

 

結果、開始5分でアンディ、イケメンの仕上がりすぎコンビに瞬殺されるという。

 

ちょうどDTさん、忍さんがいてくれたので気持ちを切らさずに走れたものの。

 

度重なる高強度なカチ上げに為す術なく、、

 

やはりまだ高い負荷に耐えられる体ができていないので体の各部に痛みが出た。

 

①左腰

②膝

③背中

④腕(ダンシングの後)

⑤膝上近くの四頭筋

⑥右股関節(腸腰筋)

 

走り込み不足で体幹が弱っているし、ハムやケツが使えていないしで課題がたくさん。

 

ただ、たくさんの気づきを与えてくれた仲間に感謝です!

久しぶりのTSS200越え(FTP設定287W)

f:id:ban_o-vest:20190203205829j:image

1月

走行距離850km

ZWIFTの距離はあまり当てにならないので練習時間にすると30時間。

 


f:id:ban_o-vest:20190131225548j:image

FTPを270Wに設定してFTP走15分1本。

ラスト5分は煽ってきた韓国人と競り合ってAve340W。

FTPが低いのでZWIFT内だとより雑魚レベル。

4倍ですらマジでキツイ……。

 

そんなこんな言いながら昨年比より走れているという低レベルっぷり。

いやもっと焦ろよ……と思われるんでしょうが、長いシーズンを見据えた土台作りは大事。

 

おそらく現時点でJPTを走る選手の中で一番走れてないレベルなので、3月の開幕戦から逆算するとせめて2月は50時間以上は乗り込んでおきたい。

 

来週にはサポートを受けるフレームが届くので早く体を慣らしておかないとね。

 

 

チーム撮影からのチーム練67km

ブログの更新が滞っていました。

 

理由は、睡眠時間の確保や自己研鑽の時間に充てていたからで死んでいたわけではありません。

 

昨日、今日と栃木に行き、今年のチームの写真撮影を行ってきました。

寒空の下、3時間夏仕様ジャージの過酷な(笑)撮影を終えた後はチームライドへ。

 

メンバーはウルフさん(監督)、エースのコーダイ君、全日本ジュニアTT9位の森崎君。

アップダウンの中、10回位千切られたのではなかろうか?

JPTは下りでもガンガンに踏むから、下りでもお構いなしに千切られる。

 

あれ?ブレーキ擦ってんのかなー(  -_・)?

と何度も思ったけどそんなわけなく。

たぶん皆も時期的に仕上がってないんだろうけど、それ以上に自分の体が出来上がっていない。

 

むしろこの時期に難なく付いていけたら、練習量とは?となってしまうので当然っちゃ当然だけど流石に心は複雑骨折。

 

だけど焦って、無理やり高強度を入れても土台がしっかりしていないと回復に時間がかかるだけ。U太氏も同じようなこと呟いていたな。

こんなレベルでも昨年比で充分走れているので焦らず積み重ねていきましょう。

 


f:id:ban_o-vest:20190120232831j:image

写真取る余裕が全くなかったので関東の青空で〆

 

そして花粉がもう舞ってます…目が少し痒くなった。