巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

ジャパンカップ前日

宇都宮は雨予報。

どうせ早く行っても試走できないだろ。

ということで朝一にローラーに乗って前日の刺激入れ90分。

 

曇りの新潟を出発し群馬に入るとポツポツと弱雨が。

時間に余裕あるし水上で高速を下りて日本ロマンチック街道から行ってみよう。

 

国道120号を走り標高が高くなるにつれて紅葉が鮮やかに視界を彩る。

そして金精峠を越えると栃木県に突入。

 

奥日光に位置する金精峠。

実は国道で行ける峠では日本で三番目に標高が高い。

なんとあの悪名高き柳沢峠より高い。

 

余談になるが今から9年前。

大学生だった当時、サークルの秋合宿が日光で行われることになり東京を深夜0時に出発し宇都宮へ北上、いろは坂を登り中禅寺湖を眺め金精峠にアタックした思い出深い峠なのである。

 

そして集合場所の日光駅に着いた時にはすでに200kmを走破しており合宿本編は消化試合だったことは言うまでもない。

しかも翌日はジャパンカップ終わりで当時ギラギラだったナルケ君と東京まで自走で帰り何度も千切られトラウマとなった。

 

話はそれましたが栃木県に入ると予報通りの雨。

しかし市街地に向かうにつれて路面はドライ。

宇都宮中心部にいたっては青空も見えているし。

しかしこれでコース試走ができるぞ。

前日受付を済ませて森林公園へ移動。

 

自転車にまたがりコースイン。

古賀志の登りはレーススピードだと3分前後なので意外と短い。

重要なのは下りが超テクニカル。

攻めすぎるとオーバーランするコーナーを見極め頭に叩き込む。

 

2周目の登りで後ろから声をかけられる。

「オーベストの方ですか」

「そうですよ」と答えると、

「オーベストの人ニセコでヤバかったですよね……」

話をしていると北海道から来た高校生でニセコの70kmを走っていたらしい。

こんなジュニアの選手にとってニシタニさんのニセコの逃げは鮮烈に目に焼き付いたんだろうな。

 

北海道良いところだよねー。

なんて話していたら仲良くなったので一緒に試走することに。

 

元気が有り余っているのか試走なのにやたら速いので聞いてみたらインターハイに出場するくらいの実力らしい。

 

ラストの古賀志では麓からカチ上げるので最初は見送ったけど高校生に負けるのもカッコ悪いので途中から本気踏みに。

頂上付近で交わして何とか大人の面目保ったけど3分25秒400Wとなかなか良い数値が出た。


f:id:ban_o-vest:20171020231104j:image

いやーしかし若者は元気良すぎ。見ていて気持ちがよい。

 

試走が終わると雨がパラつきはじめてきた。

明日は苔ってる古賀志をさばくことになりそう。落車祭り必至じゃん。

 

宿に到着しゼッケン取り付け。

脚をセルフマッサージ。


f:id:ban_o-vest:20171020231137j:image

そしてオススメの組み合わせでエネルギー&栄養補給。

この組み合わせ、本当に美味しいです。

調整ローラー120分。機材準備。

今日はローラー活動。

 

走り込みの疲れを取るべく力をかけずにダラダラクルクルと120分ローラー。

 

北の方の某変人が今日6時間ローラー回していて、1時間半位回した時にこれあと3回も繰り返すの……?と軽く絶望した。

それに比べて2時間なんて刹那なはずなのに坦々と回すだけでも精神が削れていく。

 

雨でも外乗った方が楽なので長時間ローラーの耐性能力持った人はマジ尊敬です。

 

 

明日から宇都宮入りするので今日のうちに準備を。

機材はJCRCの時と同じでコスミックカーボン40Cにスーパーソニックで。

群馬の濡れた路面でも問題なく曲がれたし、2017年モデルからマイナーチェンジしてトレッドパターンにヤスリ目が入り、タイヤ幅も若干太くなりグリップ力がアップしているらしい。

 

まぁあとは適正な空気圧に設定してコーナーの体重移動を意識してテクニックで乗り切るしかない。

ガンバるぞ。

 


f:id:ban_o-vest:20171019232558j:image

 50周年記念パーティーでのヒトコマ。

前顧問の碓井先生と。

それにしても皆年は取ったが中身はあまり変わらない。

 

自分は顔のシワが増えた…。

笑いジワ。笑い過ぎかな。 

 

じてつう91km

今日こそ、じてつう

しかしダンシングすると、あるギアのところでガチャガチャする。

 

チェーン交換したばかりでガチャガチャするのはチェーンリングかスプロケットの磨耗が原因だが、チェーンリングは5月に買えたばかり。

 

インナーに落として再度ダンシングするとガチャガチャするのでスプロケの磨耗っぽい。

こういうことがあるからチェーンは替えるべき時に替えて、レース前日に替えないようにしている。

 

ガチャガチャすると言いながら、内から4と5番目だけなので退勤後はいつものごとく遠回りで。

ガチャガチャするギアを使わなければ問題ないのだ。

ガチャガチャゴチャゴチャうるさいのでもうガチャガチャ書くのはここまで。

 

コースはアップダウンのみ。

長い登りがあると長い下りがあるので体が冷えるため、踏み続けられるルートで。

ずーっと尾根幹を走っている感じ。

 

トルクをかけ続けると次第に腰が病んでくる。

しかし少しの痛みなら耐えて踏み続けられるようになってきた。

これは良いことなのか?

 

帰宅後にリアだけ別のホイールに替えて走ってみたらガチャガチャすることはなかった。

新しいスプロケを調達しなくては。

 


f:id:ban_o-vest:20171018212059j:image

JCRCでのヒトコマ。あれ?

来年はピンク色のジャージを着ている可能性も浮上?

 

1649k

チェーン切れ。ローラー125分

じてつうを試みるも家から10分のところでチェーン切れ。

携帯チェーン切りも予備のコネクトピンもなし。自走不能で心も切れた。

 

とりあえず父を召喚。

幸いにもじてつうする日は早めに家を出るので家族は出勤前。

忍さんがよく言う「親父タクシー」を使い一旦帰宅。

すぐさま自分の車に乗り換え、ハイウェイ出勤で始業10分前に会社に到着。

何とか無遅刻無欠勤は継続中。

いやー危なかった。

 

1月に雪で始業2分前に着いた時以来のハラハラドキドキ通勤だった。

 

お詫びとして帰りに父が好きなアイスクリームを大量購入。

あぁオレも食いたひ……という思いを押し殺してグッと我慢。

 

帰宅後にローラー活動おば。

坦々淡々タンタンと2時間回して血の巡りを良くする。

練習のための軽い運動。

 

……てか2時間ってやっぱ長いぞ。
f:id:ban_o-vest:20171017231820j:image

(photo by WADA san)

JCRCでのヒトコマ。ペダルは2時の位置から踏み込めているけど、もう少し骨盤を立ててもいいかな。

170km以上レース強度で走ってどこも痛みが出なかったのは、おきなわに向けて好材料

 

しかし、あと1ヶ月弱さらに上げていかないとトップ集団では戦えない。

 

あ、チェーン交換しました(⚫・▽・⚫)

 

1558k

JCRC群馬EDクラス72km


f:id:ban_o-vest:20171016223023j:image

JCRCのおっちゃん「これニシタニさんの賞状だから受け取って」

バン「あ、はい(笑)」

な、やりとりがあった表彰式からわずか20分足らず。

(ニシタニさんは先に帰られました)

 

2時間のED(エンデューロ)クラスの号砲が鳴らされた。

空き時間で脚がカチカチに固まったので集団最後尾ツキイチでウォーミングアップ。

気温も下がったのでワンピースにアームウォーマー、長袖ジャージ、さらにウィンドベストと厚着。

あ、暑い…沖縄の耐暑練と割り切って体が温まるのを待つ。

 

しかし一周目にも関わらず中切れ祭り。

切れていく人は前に付く意思など見せず静かに去っていく。

「もがけや!」と喉まで出かけたが、良い大人なので我慢。

メカトラかもしれないしね。

 

中切れを埋めるためにひともがき。

これはこれで良い練習になるが、これでは最後まで持たない。

 

さてメンバー的にチェックする選手はダブルヘッダー組には勝たなくてはならないとして、後はアーティファクトレーシングのエビナ君あたりかな。

午前の部ではパンクDNFで脚は残っているだろうから要警戒。

 

と言いながらも序盤にエビナ君の一人逃げを許す。

差は25~30秒を推移。

追走集団はギクシャクしていて追いつく意志があるのはダブルヘッダー組ばかり。

もちろん自分も積極的に集団を牽引する。

 

ただ追い付く意志がない人がいて急激にスピードが落ちる。

楽したい気持ちはわかるけど皆勝ちたいでしょ?勝つにはまず追いつかないといけないでしょ?と「回しましょう!」と半分切れ気味。

 

さすがにそんな状況が何周も続くと焦る。

kntさんがインターバル気味に集団牽引をし、あとは彩北のヨシダさん、午前のSAクラス4位のwappaの選手が積極的に前を引き一気にエビナ君との差を縮めホームストレートでようやく捕捉。

 

捕まえた後の集団はサイクリング状態。

誰もカウンターをしかける様子もないことから一息落ち着きたい雰囲気が漂っていたので、そうはさせるかと自分からアタック。

 

午前も一人逃げをかましていて良い感じに長い時間逃げ続けられたのでいけるかもしれない。

と思ったのも束の間。脚が重すぎて良いスピードが維持できないので作戦変更。

一旦集団に捕まることを選択。

 

 

 誰かがアタックかけたら便乗しよう作戦に切り替えるも、心臓破りで良いスピードでかけ上がるヨシダさんはDi2の電池切れによりインナー固定。

申し訳ないけど一緒に行くのは心許ない……

 

kntさんが周回を重ねるごとに元気になりペースを上げまくる。

ただリフト坂に突入するタイミングで一瞬緩んだので全身全力で逃げ切り狙いのアタックを敢行。

これは半周ほどで吸収されてしまったが確実に追走組にダメージは与えられただろう。

 

そして次のリフト坂で再度アタック。

今度は7割位の力で誰かが釣れることを狙って。

おお、一人釣れたぞと思ったらヨシダさん。

強いんだけどよりによってインナー固定。この日、何度ヨシダさんのDi2が復活してくれないかなと願ったことか……(笑)

 

二人逃げが決まりかけ、ちらっと後ろを振り向くとkntさんが集団をガン引きしているのが確認できた。

たださっきから集団の様子を伺ってみたら、積極的に動いているのはダブルヘッダーのみ。

だが相当疲れているはず。

 

さらに、残り時間30分を切っていることからおそらく一人で逃げ切れる可能性は高いと見て、集団に追い付かれてから間髪入れずに心臓破りの坂を麓から全力でダンシングしてアタック。

一人旅が始まる。
f:id:ban_o-vest:20171016232837j:image

集団を諦めさせるために1周を全開TT。

心臓破りのヘアピンを曲がる度にチームメイトだったサトーさんの奥さんとチビの応援が力をくれる。感謝しかありません。

 

順調にタイム差は広がり、4周位逃げてゴール。勝ちました!

後ろに44秒差をつけたのはヨシとして、レースアベレージが35km/hとあまり速くなかったから逃げ切り勝利の難易度はそれほど高くなかった。

それでも午前102km走った後にレース終盤で生きたアタックをして20km位独走して優勝したのには満足。

良い練習になりました。

 

f:id:ban_o-vest:20171016235310j:image

何だかいつものメンバー感……(笑)

3位のマツムラさんもよくオーベスト練では一緒に走っていた仲。

 

それにしても表彰台のテッペンは眺めが良かった。

さらにビッグなレースでテッペン取れるよう頑張ります。