巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

JCRC群馬SAクラス

なんやかんやメチャクチャ脚を使ったエンデューロクラスから2時間。

完全に回復したかって?してるわけねーじゃん。

f:id:ban_o-vest:20180416212904j:image

アンディさんと作戦会議。

まぁ作戦はというと十中八九「逃げ」の相談です。

 

ダブルタイトルを狙える権利があるのは自分だけ。

しかし勝ちを狙うとなると厳しいでしょう。

徹底的にマークすべき選手はSHIDO中尾さん。

オーベストでチームメイトだった5年を含め、もう8年以上の付き合いになりますので脚質は充分にわかっています。

 

登れるし、下れるし、独走力もあればアタックのキレ、スピードも高いレベルにあり、スプリントもできるオールラウンダー。

そして抜群の勝負勘。

長いヒルクライムだったら勝てるかな←

 

エントリーリストを見た瞬間に厳しい戦いになるだろうと思った。

おまけに他のSHIDO二人も強いんだよ。

70kmレースした後にまともに戦り合えるような相手ではない。

 

だからといって後手後手に回って最後だけ頑張るのは自分のスタイルに反するので、仕掛けられるところは仕掛けたい。

そんなココロモチでスタート。

 

 ローリング解除されてファーストアタックはアンディさん。

最初から飛ばしすぎだぜ!と後ろから静観。

同じダブルエントリー組の吉田さん、水落さんらと後方待機です。

 

レースは単発のアタックがかかり不安定な状態。

ホームストレートの向かい風は厄介で決まらないだろう逃げは放置!

脚が覚醒するまでは待機だ(結局最後まで覚醒はなかった…)

中尾さんの動きをチェックして一回飛び出し(ちゃっ)た場面があったがすぐさま吸収。

その間もアンディさんは動きまくり。

 

それを利用してアンディさんにブリッジし、中尾さんを引き連れ飛び出すも集団にキャッチされたり中々決まらない。

SHIDOの吉澤君、駿君のアシスト的な動きも機能している。

 

この状態では均衡を破れないので、作戦を練り直す。

ちなみに全10周あるレースは半分も消化していない段階。

 

集団スピードは速く仕掛けるにはまだ早いが、半分が終わった6周目に少しでも落ち着く様子が見えたらアタックすることを決めた。

6周目に入る時にアンディさんともう1人が抜け出している形になり、何となく積極的に追う意志がなかったのでリフト坂でアタック。

 

後ろからSHIDO 中尾さん、駿くん、フィンズkntさん合流。

逃げていたじょんのびアンディさん、サイタマサイクルプロジェクト福原さんをキャッチして逃げを形成。

さらに心臓破りの坂で逃げを決定的なものにしようと1分間の8割走を覚悟するも逃げに必要なアンディさんが苦しそうでペースが上がらず。

 

ただ、SHIDOの二人が構わず上げるのでほんの数メートルの差で登りをクリアするもこの数メートルを埋めるのがめっちゃくちゃキツイ。

駿くんが引くスピードが速すぎるので中々連結できず悶絶。

今日一番の悶絶ポイントはココ。目の前が真っ白になりました。
f:id:ban_o-vest:20180416222041j:image

KNTさん、福原さん、アンディさんも再び合流し逃げを打つもダブルヘッダーの自分が脚を引っ張る形でローテがギクシャク。

いつの間にか吉澤君も合流していたような、、ここらへんは脳への酸素が不足していたので記憶が曖昧。

 

メンバーの中でも中尾さんの実力は2ランクくらい抜け出していて、あとはどうやって勝つかという状況。

このままだと自分が勝てる確率は限りなくゼロだ。そんなことを考えて走っていたせいなのか逃げからドロップ。
f:id:ban_o-vest:20180416222511j:image

ここで一旦一休み。

後ろから迫っている集団に捕まっておきます。


f:id:ban_o-vest:20180416223337j:image

逃げ集団のスピードから集団はいつか逃げを吸収するだろう。

もうワンチャンあるかな。

 

しばらく追走した後に逃げを捕まえて振り出しに戻るもアンディさんはさらに逃げ続けようと攻撃の手を緩めません。漢すぎる。

 

混走のBクラスのゴールでローリング状態になったところで一休み。延命しました。

 

で、残り2周になったところで中尾さんがアタック。

SHIDO二人が蓋。あー決まってしまう!

追走の動きもすぐさまチェックに入られ、万事休す。

 

しかも心臓破りの坂でSHIDO二人が抜け出した。
f:id:ban_o-vest:20180416225309j:image

もうしがみつくので精一杯だが、、

このままワンツースリーは許すまいとホームストレートで最後の一絞りで追走の全開ダッシュ

 

あべきゅんが着いてきてヘアピン越えたあたりでキャッチし4人で回すも、後ろから合流してきた。

ここで自分が出来ることはゴールまでたどり着くのみ。

心臓破りで遅れ、ふらふらと。

f:id:ban_o-vest:20180416225602j:image

レース兼SHIDO練習会終了!

 

優勝は独走で中尾さん。やっぱ強えーな。

SHIDOのほぼ完璧なレースメイクで完敗。

 

久しぶりに力を100%以上出せてキツかったけど楽しかった。

f:id:ban_o-vest:20180416230212j:image

同じ日に勝てたのは何となく嬉しいですね。

次はニセコクラシックで本気の戦いとなるでしょう!

 

 

 

JCRC群馬エンデューロクラス

4時起床。

コンディションは、少し胃がもたれている感じ。

レースまでにこまめに食べるようにして少しずつエネルギーを補給していく。

 

群馬に到着すると、、雨。

しかし試走の時間あたりから小雨になってきたので2周アップ&路面チェック。

コーナーのイヤらしいところに落ち葉があるがタイヤはグリップしてくれるので問題ないでしょう。

 

8時45分にスタート。

マークする選手はスペースの遠藤積穂選手。彩北の吉田さんくらいかな。

 

胃袋の不快感や午後のSAクラスに備えて前半は動かないように。

何て言ったってSAクラスのメンバーがヤバイからね。

 

脚の温存を徹底に決め込んでいた3か4周目あたりでホームストレートを通過している時に前輪に何度も感じたことある違和感。

はい、パンク。オワタ…/(^o^)\

たまたま近くにいた片山さんからとりあえず前輪(ロバール)を借りる。感謝です!

 

しかし、この間3~4分。

幸いにもレースは2時間のうちまだ序盤の30分。

路面が濡れているためか集団のコーナーはかなり遅めでコーナリングではアドバンテージを感じていた。

だからもしかしてコーナーを攻めれば追い付けるかも?

とりあえず全力で追いかけてみて差が広がり続けるなら練習に切り替えよう。

そんな気持ちで再スタート。

 

追走1周目。

片山さんから借りたロバールについているタイヤが25cなので下りの安定感抜群。

雨のレースは太めのタイヤをチョイスですね。

バックストレートに差し掛かる時に集団がホームストレートから登りに入っているところだった。

タイム差をはかると2分半……結構絶望的。

 

追走2周目

次のバックストレートで差が広がっていたら諦めようそうしよう。

でも実際は少しだけ差が縮まっていた。

全開で踏んでいるのにこれしか縮まってないんかい!

と心が折れかけたが諦めたらそこで試合終了。とにかく全開で追います。

 

追走3周目。

また少しだけ縮まった。

もう追い付くだけで満足。脚が持つかわからんけど。 

 

追走4周目。

お、一気に差が縮まった。

後から知ったことだけど吉田さんサトーさんが自分が追い付くように集団の速度を緩めてくれていたらしい。

 

おかげで次の周回で追いつけた。

どうやら二人が逃げているらしいがいつの間にか吸収。

 

吉田さんが元気で細かいアタックを連発してくる。

た、頼みますから休ませてください…と頑なに集団待機。

吉田さんを射程圏内にとらえつつも、次の動きに備えて集中します。

 

ただ、2~3周は大きな動きがなく。

もしかしたらアタックしたら決まるかもと残り30分を切ったところでアタックすることを決めた。

 

タイミングを見計らい、集団のスピードが緩みがちなリフト坂で全開アタック。

もちろん追走も何人か来ますが、心臓破り坂でさらにアタック。

SNELの小島君が来てくれました。

 

どうやらスタートから自分のことをチェックしていたらしい。

そして実は彼も新潟県人。


f:id:ban_o-vest:20180415214445j:image

まぁ一人よりは二人の方が逃げ切る確率が上がるのでコミュニケーションを取りながら後ろとの差を広げていく。

 
f:id:ban_o-vest:20180415214609j:image

逃げ切りが確定したところで小島君が引く時間が少なくなっていく。

 

最後まで行こうと話しかけると、もうスプリントする脚がないですとの回答。

って言いながらスプリントで決着しなくてはならない空気。

 

午後に備えて静かにゴールしたいのにさせてくれなそう。

で、
f:id:ban_o-vest:20180415215229j:image

何とか先着。

麒麟山レーシングでの初勝利!

この勝利は昨日結婚式を挙げた友人でチームメイトのりゅーまぐ夫妻に捧げます。

 

ゴール後、逃げている途中に何か後輪に違和感があるなと思っていて何となくタイヤを触ってみたらスローパンクしていました。

どう考えても勝てる状況ではなかったのにロードレースって何があるかわからない。

最後まで諦めちゃダメってことですね。

 
f:id:ban_o-vest:20180415215709j:image

さーて、前後輪どーしよと困っていたらフィンズのkntさんがなんと予備ホイールのコスミックカーボンを貸してくれることに。

 

集団内で自分を待つようにスピードコントロールしてくれた吉田さん、サトーさんといいサイクルロードレースはチームを越えたスポーツマンシップが溢れている。

とても美しい競技ですね。

 

さて次回は、午後の部。

JCRC群馬SAクラスSHIDO練習会中尾劇場」をお送りします。

悶絶展開満載のレースレポをお楽しみに。

 

近日公開予定!

レース前日調整ライド55kmローラー60分

レース前日なので2時間程、筋肉をほぐしにライドオン。

行き先は何となく田麦山方面へ。

 

こんな日でないと新規ルート開拓はしないので良い機会だと思って知らない道をひた走る。

 

で、、、
f:id:ban_o-vest:20180414174423j:image

春先の雪国あるある。

ま、しょーがないよね。

 

あとは来た道を戻るだけ。

2時間のうちに30秒以内のダッシュを10本以上入れて筋肉と心配に刺激入れ。

 

帰宅後、即洗車。

レース仕様にホイール交換した後、ローラーへ。

4月とはいえ、まだまだ寒い新潟県

体が温まりきらなかったので最後の仕上げに1時間かるーく回す。

 

お風呂入って筋肉揉みほぐして準備完了。

 

そして夜は新潟市へカーボ…ではなくチームメートりゅーまぐ夫妻の結婚式二次会へ。


f:id:ban_o-vest:20180414222427j:image

明日はF(t)麒麟山レーシングデビュー戦。

二人からはいつもやる気をもらっているから何とか勝利をプレゼントしたいところ。

はたしてどーなるでしょう!?

結果をお楽しみに。

どしゃ降り通勤

今日はフラれてしまいました。

 

結構強い雨だったのでジャージとシューズはびしょ濡れ。

雨雲は魚沼周辺だけだったみたいで川口あたりから晴れ、小千谷に入ると路面もドライに。

 

いつも始業の1時間前に会社に到着するので、ひたすらドライヤーで乾かすこと40分。

一日室内干しをした後には、少しひんやり濡れているものの問題ないレベルに。

 

これで雨の日のじてつうのハードルが下がったな……

ちょっとやそっとの雨でも突撃するぞ。

 


f:id:ban_o-vest:20180413214759j:image

明後日のレースのためにゲースネを剃りました。

豚足感がハンパありませんが、見た目よりも質なのだ。

実際、結構登れているし。

よい感じの柔らかさを保っているので明日はレース前の軽い流しで。

 

そして夜はおめでたい席でのカーボローディング。

チームジャージ到着


f:id:ban_o-vest:20180412210621j:image

届きました。

でも日曜日のJCRCは雨予報。

 

パールイズミの上に黒パンツで行こうか迷い中。