バンの自転車日記

F(t)麒麟山レーシング所属自称パワー系クライマー笑

JBCF石川サイクルロードレースJPT

当日移動のため、4時起床、4時半出発。

 

会場まで片道290km。

ずっと眠くてしんどかった。

7時50分ごろ到着。レース開始は9時15分から。

 

強めの雨、気温は20℃ちょっとと寒くもなく暑くもなく。

8時15分から15分間ローラーでアップ。湿度が高いので汗が噴き出す。

雨なのでタイヤの空気圧は6bar。

 

9時15分にパレードスタート。

4kmの登り途中でリアルスタートが切られると集団は一気に加速。

なかなかキツイが付いていけないほどではない。

 

今回は4km+14kmの周回を7周する合計102kmのレース。

石川のコースは昨年こそE2で優勝したものの、それ以外では良き思い出がない。

ただ登りは短く、少し休みどころもあるのでコースレイアウト的には厳しいようで自分的には得意の方に分類される。

 

まぁ、JPTのレースでどこまで通用するか未知数なので食らいついていくのみ。

 

レースに話を戻すと、最初の登り区間を終えて下り区間へ。

雨でサングラスに水滴が付き、前がよく見えない。

そんな中で最高時速70km/hオーバーで下るものだから生きた心地はしない。


f:id:ban_o-vest:20190715104234j:image

photo by 三井君(@alljapan1990)

 

ただタイヤはグリップしてくれているので、ビビり過ぎることなく集団内でやり過ごすことができた。

そして、2回目の4km登りの途中で逃げが決まり集団のペースが緩む。

 

サングラスが雨で曇るので、いつものスタイルでヘルメットに差して走っていたら今度は水が目に入りコンタクトが外れそうなアクシデント。

しかたなくサングラスを拭きながら走ることに。少しフラついて周りに迷惑をかける場面もあった。

 

集団はブリッツェンがコントロール

途中逃げを追走する動きで集団が縦に伸びる場面もあったが、追走も吸収されて落ち着いたまま残り距離を消化していく。

チームからは水間君以外は全員残っていて今回は完走者を多く出せそうな雰囲気。

 

とりあえず佐川君の近くを走っていれば完走できるだろう。

 

ラスト周回に入る前の4km坂で一気にペースアップ。

わかってはいたけど脚が痙攣しかかっていてドロップ。


f:id:ban_o-vest:20190715104252j:image

photo by 三井君(@alljapan1990)

 

同じくドロップした数人と回して完走を目指すことに。

近くには最近絶好調なFIETSの青木局長がいたので、少し安心。

 

ラスト周回は淡々と消化して終了。

結果は60位でした(完走者70人位)

 

約2か月前に骨折を言い渡されて石川も出れないかなぁと思っていたけど、

とりあえず完走できてひと安心。

 

渡良瀬TTはお仕事の都合でDNS濃厚。

というか今年は群馬、宇都宮、全日本と土曜出勤日に有給使って出ているので、

流石に他の人に有給取らせてあげないと社会人的によろしくない立場に。

 

少しオフを取って後半のシーズンはブレイクできるよう8月は修行します。

皆さん練習付き合ってくださいね。

 

お知らせ


f:id:ban_o-vest:20190708205538j:image

今年は枝折峠ヒルクライムに出ません。

 

同日にカペルミュールライドwith HONDA栃木に参加してきます。

https://eventon.jp/17443/?fbclid=IwAR2ZBdx0HX0p8SlJ6RhTtISCiSm9leJ1kE_SvjQS83SwKpnbwAByfR8tk90

定員になったため締め切っていますが、なんとHONDA栃木メンバーがダンシングとシッティングの使い分けを教えるとかとか。

 

イベントの様子はまたレポートします。

今年初しおりんでリカバリーライド59km/ニセコクラシック

今日は七夕らしくない晴れ間。

毎年七夕は天気が悪いイメージなので珍しい。

 

昨日の疲れが酷いので今日は無理せずリカバリーに当てる。

しかし枝折峠が開通してから行ってないので、初しおりんとした。

 

勾配の変化に富んだ長い峠なので勝手にインターバルになるのが憎い。

いや、走り方の問題か……

 

46分34秒280W


f:id:ban_o-vest:20190707205029j:image

この峠はダウンヒルの練習にも最適です。

 

 

ニセコクラシックは田崎さんが総合2位。

そしてnyoさんが年代別3位と今日もまた刺激をもらえる結果に。

 

来年はまたニセコに挑戦したいな。

レース班練東山周回、森立峠タイムアタック170km JBCF東広島ロード観戦

やはりロングを走らないと調子が上がらないとこの一か月で実感。

 

自走で長岡のレース班練に参加。

実は東山周回の時はあまり参加したことがないけど、インターバル系を鍛えるにはもってこいのコース。

 

まずは平地周回を3周アップ。

からの残り3周をレースペースで。

アタック連発といきたいところだけど、先頭に出るたびにセルフ悶絶して最後はイケメン、あべきゅんとフィニッシュ。

 

タイム的には過去最速ペースだったらしい。

 

山岳周回はラストの登り返しからの2分を全開で走るインターバル。

①2分4秒 473W あべきゅん強し!

②2分5秒 472W イケメン強し!

③2分5秒 467W イケメン強し!

 


f:id:ban_o-vest:20190706180830j:image

 

イケメンは東山で離脱。10日間のオフ明けなのにキレキレのダンシングでした。

本当に自転車乗ってなかったの?

 

一旦お店に戻り、エミ姉が汲んでくれたコーラで超回復

もとキングは帰宅。今日もたくさんイジメて大満足です。

 

おはサイが栃尾まで行くということで、森立峠アタックできるじゃないかとホイホイとついて行きます。

 

寺井ティーチャーとヤングボーイ2人、イトウさん(エロいサガミの方はイトーさんと表記します)がスタートし、

下ハンを覚えたてでご満悦のちぐさば、全日本後に三日間カレー食べて絶不調のkntさん、かなり走力があるオダワラさんが3分後にスタート。

 

あべきゅん、バンがその2分後にスタート。

 

はるか前に目標があるため、ついつい速いペースになってしまい最初の平坦はなかなか良いペースだったみたい。最初の緩斜部は4分29秒363W。

あべきゅんを最後まで引いてスプリントさせようかと思っていたが、先頭交替して1分程引いてもらう。これで結構温存できた。

 

登りに入るところで再び前に出て1本引き開始。

早速ヤングボーイズを補足。がんばれーと声をかけながらパス。

 

イトウさんも追い抜いたところで後ろの気配がなくなった。

あべきゅーん!涙

その直後に2分前にスタートしたエンドウ夫婦と寺井ティーチャーの姿が。

 

kntさんが自分に気づきペースアップ。

ちぐさばを追い抜いた時に少しスピードを緩めてあげたけど付いてこれず…笑

 

kntさんに無理に追いついてカウンターを決められたらマズいのでシェルターに入る下り区間に入ってから追いついて、一休みしてからアタック。

心よ折れてくれと願ったが一気に離れることなくじわじわ離して先着。

 

ラスト区間は腰が上げられない位タレてしまい後半の内容はイマイチだったけど前に目標がいたことで粘れた。

というわけでタイムが自己ベストの16分35秒のKOM(363W)

 

KOHさんの幻のKOMまであと少しだ。

 

栃尾に下って道の駅で油揚げと行きたいところだったけど暑さに負けてソフトクリームをあべきゅんと食べる。うまい。

 

皆と解散しておかわり登坂へ。

石峠でまっすぐ帰ればよいものをついつい寄り道したくなるのが自転車乗りの性…


f:id:ban_o-vest:20190706181139j:image

ここらへんのコースの素晴らしさを多くの人に伝えたい。

 

杜々の森湧水公園までヒルクライムしてからの半蔵金~田代で〆。

広神までの国道352号線高速下り緩斜面で最後のインターバルでトドメ。死亡完了しました。

 

TSS397

獲得標高1956m

 

家に帰ったらちょうどJBCF東広島ロードのLIVE中継をしていたのでちょうど逃げが捕まってからのラスト2周から観戦。

 

入部選手のアタックからブリジストンの橋本英也選手の二人逃げなど白熱する展開。

カウンターでブリッツェン岡選手のキレキレなアタックが決まり独走優勝。

 

HONDA栃木からは佐川君、半田君が残り3周時点で生き残っている様子だったが…なんとトッププロに交じって佐川君が12位でフィニッシュ。すごいぞ!

 

石川に向けて気合が入る結果となりました。

広島に行きたかったけど新潟からの単独移動はキツイ……でもいつか大田さんの墓参りに行かないとなぁ。

 

全日本選手権

5月末の落車から1週間乗れず気持ちが切れてから毎週末、雨雨雨で全く思ったように仕上げられずに迎えた日本一を決める大会。

逃げずにスタート地点に立っただけでも自分をほめてあげたい。

 

当日は雨。

TTで頻発した落車の通り、試走の段階で後輪が横滑り。しかもブレーキが効かない。

 

急遽、U23で半田君が滑らなかったと実績のあるタイヤがついているホイールへと交換。ブレーキシューも交換ししっかりブレーキが効く仕様に。

今日は明らかにディスクブレーキの日だが、リムブレーキでもしっかりと効いてくれた。


f:id:ban_o-vest:20190702213745j:image

9時にスタート。

前方に並んだが皆前へ前へと行きたがるので少しでも気を抜くとポジションを下げてしまう。

後ろにいたら落車の餌食になるか、一列棒状インターバル地獄に落とされるので実力者でも1周目で足切りになる選手が多数。

 

落車頻発の恐怖のダンロップコーナーはタイヤがグリップしてくれて難なくコーナリングできた。

ちなみにタイヤはヴィットリアのスーパーコルサ。空気圧は6.5。

この仕様なら雨でもグリップしてくれることがわかったのが今日唯一の収穫かもしれない。

 

とにかく少しでも落車で足止めされたり中切れの餌食になると集団復帰は難しく、後ろにいなくても踏み続けなくてはならず黄色信号が灯る。

ここにきて練習を積めなかった自信の無さが露呈して4周耐えたところで長い登りの後の緩斜面でかかったところで耐え切れずドロップ。

 

早々に全日本選手権の幕が下りた。

もう終わったんだというのが正直な感想。しばらくゴール地点で放心状態だった。

 

 

着替えてピットにあるモニターでレース展開を観戦。

終盤の展開が熱かった。

ラスト2周にバーレーンメリダ新城選手、シマノレーシング入部選手、そしてUKYOのヨコちゃんの3人逃げができる。

 

このラスト2周の35分程の時間は期待と興奮が入り混じった特別な感情でレースを見入っていた。

ケガ明けの新城選手、2か月ほど前にお父さんを亡くした入部選手、同じチームで走っていた横塚選手。

 

個人的にはヨコちゃんに勝ってほしくてホームストレートを通り過ぎる時にはヨコツカー!と何度も叫んだ。気づいたら泣いていた。

ロードレース観戦で涙を流したのは初めてかもしれない。

 

順調ではないにしてもプロとしてのキャリアを積み上げてきたヨコちゃんが全日本選手権の表彰台という大きなキャリアを手にするところまできたと思うと胸が熱くなった。

残念ながら最後は新城選手のアタックに遅れてしまったが、最後まで前二人に追いついてほしいと願っていた。

 

結局追いつかず、優勝は新城選手の攻撃を耐え続けた入部選手。

両手を挙げて天を指さしてゴールした瞬間にまた涙してしまった。

 

なんかロードレースをわからない人が入部選手がツキイチだのセコイだの批判しているけど、自分よりも実力がある選手に泥臭く勝ったというのがロードレースの醍醐味だと思う。

 

人の成長に感動しているほど選手としての気持ちのピークは過ぎてしまったかもしれないけど、シーズンはやっと前半戦を終えたばかり。

 

次は2週間後の石川に出走予定なので気持ちを切り替えて練習に励みたいと思います。