読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

2016-17群馬遠征第1ステージ116km

予報通りの雨。

今日はクライマーな二人と群馬遠征へ。
関越トンネル抜けたらシーマブ!
太陽最高。

定番のユートピア赤城に車を泊めてスタート。
二週間ぶりの外乗り。
ローラーで繋いでいたけどやはり人と走ると頑張れる。

「今日はツーリングですからね!」
とダテ塾長。
最初の登りで「先に行きたい人は行ってください」的なことを言うから練習モード全開。

400wペースで脚を回していたら最後に垂れてしまった。
で、それでもしっかり対応してくる忍氏は流石年代別チャンピオン。

群馬遠征のコースは最初に12分弱の登りを越えるとしばらくアップダウン。
そして栃木県近の湖のダムまで緩く登って折り返して来るもの。

クライマー向けよりは自分向け。
もはや最初のツーリングというワードは頭の中から消えて無くなった。(いつものこと)

練習モードでアップダウンをこなしダムまでのダラダラ登りでインターバルを繰り返し。
750w程でダッシュした後に忍氏は必ず登りで追い付いてくるんだけど・・・。
やはり登坂力では一枚も二枚も上手なのでダムに先着を許した。

走りのイメージに体がついてきてくれない。
地道に戻していこう。


f:id:ban_o-vest:20161120200934j:plain
まだ紅葉が見頃のようでバイクツーリングの方々が何台も。


f:id:ban_o-vest:20161120201019j:plain
まさか帰りはこの二人に痛めつけられるとはこの時は思いもしなかった・・・。

気持ちよく下っていると、

チャリーンッ!!

と金属棒を踏んだような音が。

しかし進行方向にそれらしき落し物はなかった。
嫌な予感がしてリアスポークをチェックしてみると、、、


1本ない。


とりあえずブレーキ全開にして振れたままの後輪で再スタート。
まだ60kmくらい残ってるんだけど・・・。

二人にサイクリングで行きましょう!
なんて行っても登りになるとやはりキツいペース。
そして5分以上の登りに差し掛かるところで心が折れた・・・
脚が残っていれば10分以内の登りならついていけるはずなのに。
力不足でした。

それでも待ってもらいながら無事に到着。
結果的に高強度練になったのでした。

116km
獲得標高1720m

走ったあとはユートピア赤城で温泉。
水風呂があるので交替浴して脚の血流をよくして回復促進。

魚沼から赤城間は車で一時間ちょっと。
午後4時には家に到着。

妹の結婚式。群馬遠征。
とても充実した週末でした。