巨漢バン氏の自転車日記

自称パワー系クライマー笑

チームライド出雲崎往復175km

チーム練が新潟方面から南下するとのことなので寺泊合流で参加してきました。

自走で行くと4時起きでツラ……というわけではなく最低気温-2℃という極寒に心が折れること必至なので長岡まで車で移動。

 

6時20分頃に走りはじめて、1時間経たないうちに寺泊に着きそうだったので逆走して合流を試みるも別ルートで本隊はやってきたみたいで結局、寺泊ファミマで合流。

ここまで48km。

 

メンバーは、大野さん、田崎さん、コスゲさん、ジョー君、ハヤト君、本まぐろ、リンク東北より丹野さん。

 

ニセコチャンプ田崎さんあたりの有名ホビーライダーは見ただけで脚から乳酸がブワァっと発生しますが、昨日のロングでスッカラカンらしく今日は命拾いしました。

 

出雲崎へ向けて出発。

今日の練習の意図はペース走で回し、後半に高い出力を出せるように。

というわけで追い風も相まって心地よくローテが回ります。

 

天領の里で一旦Uターンし、本マグロを回収した後、石地で左折をして後谷ダムの登りへ先頭のまま突入。

今朝の体重が8(ピー)kgだったのでズブズブ抜かれるだろうと必死に走っていたら1分27秒500W約6倍の出力で先着できました。

 

柏崎クラシックのコースを逆走し、海岸線へ戻り寺泊ファミマでたまたま遭遇したFACTOR金子氏と談笑しつつモグモグタイム。

とりあえず皆さんは新潟方面まで帰るので良い頃合いのところまでご一緒して引き返すことに。

 

再スタートし、海岸線を北上。

白岩の坂でそろーっとペースアップしたら大野さん、田崎さん、丹野さんが釣れたので下った後に再びしれーっと踏んで頑張ってみたら信号に引っ掛かって仕切り直し。

 

後続を待つかなと思っていたら大野さんと丹野さんがそのままペースを緩めながらも進んで行ったので、ひとまず後ろについておく。

ハヤト君が後ろからブリッジしてきたので四人での戦いに。

 

大人げなくハヤト君の後ろで最後の急坂まで力を温存。

最後はダンシングで頂上までAJMAX!

昇天しまひた。あひー(恍惚とした表情で)

 

100km越えたあとに5分42秒346W。

序盤にゆっくりで最後に向けて上げられたので良い感じではなかろうか。

 

来た道を大野さんと下って本まぐをフォロー。

もう垂れて気持ちが切れている様子なので背中を押して良いイメージで登れるように。

と言いつつ急坂では自分の力で登ってもらいます。

ベースレベルの走力までなら一気に戻るので冬の積み重ねを信じて這い上がれ!

 

岩室まで下ってからマッタリ(?)とおしゃべりしつつ角田喫茶まで一緒に走って解散。


f:id:ban_o-vest:20180331190332j:image
後ろから単独で走っていたサトタクさんとおしゃべりしつつコーラで一服。

 

あとはソロで長岡まで50km。

単独&向かい風で腰に違和感を覚えましたが最後までしっかりとワットが出ていたので調子が上がっているのは間違いなしです。

 

皆さんありがとうございました!